体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

絵本の世界に飛び込んだみたい!雑誌『MOE』40周年を記念して人気絵本作家5人の原画展開催

「今まさにこの時代を象徴する素晴らしい絵本作家さん5人を一堂に会して展覧会を行えるというのは、雑誌『MOE』としても非常に幸せなことだと思っております。」という雑誌『MOE』の編集長・門野さんの挨拶でギャラリートークは始まった。

絵本情報誌である『MOE』は2019年で創刊40周年を迎える。これを記念して、雑誌読者から支持の高い5人の絵本作家さんの原画展「MOE40th Anniversary 島田ゆか 酒井駒子 ヒグチユウコ ヨシタケシンスケ なかやみわ 5人展」を、4月18日(水)から、松屋銀座8階のイベントスクエアにて開催する。

開催前日17日の内覧会では、雑誌『MOE』の編集長・門野さんによるギャラリートーク、「そらまめくん」シリーズで知られる絵本作家のなかやみわさんによるトークショーが行われた。

めくるめく絵本の世界

会場に入ってまず驚くのは、所狭しと並べられた原画の数々。作家さんの頭の中から飛び出したように生き生きと、時に繊細に描かれるキャラクターたち。思わず感嘆のため息がこぼれた。

作家さんごとに区切られたブースは、その人の特色がよくでている。

酒井駒子さんのブース


酒井駒子さんのアトリエにあるという黒板のレプリカ。しかし描かれている絵は直筆!チョークで書かれているので触ると消えてしまう。写真を撮るのも緊張。


島田ゆかさんのブース


なかやみわさんのブース


ヒグチユウコさんのブース


なんとヒグチユウコさん直筆のイラストが壁のいたるところに。添えられているコメントがとても可愛い。


ヨシタケシンスケさんのブース


ふと目線を下に落とすとつまんない行進が始まっていた

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。