体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

堀潤、フェイクニュースの見分け方を伝授…“主語の大きさ”に警戒を!

堀潤、フェイクニュースの見分け方を伝授…“主語の大きさ”に警戒を!
J-WAVEで放送中の番組『GOLD RUSH』(ナビゲーター:渡部 建)のワンコーナー「haletto GIRL’S INFO COUNTER」。4月13日(金)のオンエアでは、ジャーナリスト・堀 潤さんをゲストにお迎えし、SNSの活用法、フェイクニュースの見分け方について伺いました。

■堀さんはSNSをどう活用?

SNSについて、堀さんは自身の活用法をこのように述べました。

:Twitterは速報性も高いし、文字、映像、動画、アンケートと、いろんな機能が充実しているので、メディア発信にはすごく重宝しています。あと、LINEとかも、個人間だけじゃなくて、僕の場合は取材で、たとえば地震が発生しました、現地のみなさんに「情報発信を手伝ってほしいって方がいらっしゃったら、ぜひ僕に連絡ください」って、LINEのIDを常時公開しているんですよ。直接、映像を撮ってもらって僕のほうに送ってもらえる。早いじゃないですか、LINEって。写真も動画も、そういう形で結びついていったりしています。

他にも堀さんは、FacebookはFacebook Liveを用いて現場からライブ配信したり、Instagramのストーリー機能を活用したりしている、と付け加えました。

■どんな情報も、すべてを鵜呑みにしないこと

さまざまな情報が飛び交うインターネット。何が本当で何が嘘か、どのように見極め、どんな情報をピックアップすればよいのでしょうか。

:どんな情報であれ、「これ本当かな?」「これ大丈夫?」という疑いのまなざしを向けておく必要があると思います。
渡部:その情報が信頼できるかどうか、どう審査していけばいいんですか?
:まず、情報がホールケーキだとすると、「目の前にあるのは、ワンカットだ。この情報のまわりには、ホールケーキの残り部分がいっぱいあるんだ」と想像する。たとえば今だったら、「総理大臣官邸はこう言った」ってニュースが流れてきました。「え、そうなの!」じゃなくて、「それはわかるんだけど、じゃあ他の人はどう言ってるんだ?」とか「そもそもこれって誰からの情報なんだ?」とか、常にその他のことに目を向けて。

■人々はメディアを信じすぎている?

堀さんによると、アメリカやヨーロッパで「メディアのことを信じていますか?」とアンケートをすると3〜4割しか信じていませんが、日本は6〜7割ほど信じているとのこと。

:これ、どっちがいいのっていうと、僕は3割のほうがいいと思います。なぜかと言うと、みんなそれだけ距離を置いているから。「それって誰かが作った情報だろ? 簡単に信じられないよ」って。
渡部:そうなると、一般の方はどう付き合っていけばいいですかね? 発信するほうも聞き取るほうも。
:僕が提唱しているのは、大きな主語よりも小さな主語。大きな主語というのは、「我々は」とか「僕らは」とか「日本は」とか「社会は」とか「メディアは」とか「被災地は」とか。これ、規模感が大きいじゃないですか。でもこれって、なにか言っているようで「本当に言ってますか」と。

■大きな主語は余計な対立を生むことも…

大きな主語で語られるものは、「ものすごく主観的な言葉」だと堀さんは指摘します。

:「被災地は今、苦しんでいます」と言っても、「私は岩手県の○○町ですけど、震災からはもう復興して、今は日常を取り戻してます」という人もいるでしょう。でも、ある人にとっては「報道の通りなんです、今も仮設住宅で暮らしていて苦しいです、もっと言ってください」となる。ここに、余計な対立とか偏見が生まれるんです。「なにいってんだよ。『被災地は被災地は』って言うなよ」、「いやいや、もっと言ってよ」って。これって、主語が大きいからです。いちばん小さい主語ってなんですかって、震災だったら、「東日本は」は、まだ大きい。「東北は」も、まだ大きい。
渡部:大きいですね。
:そうなったときは、たとえば「福島県富岡町のJR富岡駅前で中華料理店を営んできた○○さんは、震災から7年以上が経過した今も店を再開できずにいて、つらい思いをしているんですよ」と。これだと「そうだろ」「違うだろ」というのはなかなか起きないです。
渡部:そうですよね。
:でもみなさんに警戒してほしいんですよ。テレビのコメンテーターのみなさんとか見ていても、大きな主語で語っている人がものすごく多い。新聞とかいろんなネットニュースを見ていても、たとえば「関係者は……と言った」って、「おいおい、関係者ってどこよ」と。
渡部:確かにそうですよね。漠然としていて、具体性がないですよね。
:そうなんですよ。「……と官僚は言った」って、「官僚って誰よ」みたいな。よくよく見てみると大きな主語。これは大警戒なんですよ。

堀さんは、大きな主語で書かれている情報を読んだ場合に、「なにかを隠している」、「取材が甘い」、「勝手に書いている」と警戒し、小さい主語で書かれている場合は、「その人の意見なのか?」、「事実なのか?」と考え、読み解いていると教えてくれました。

堀さんは、今年3月に著書『堀潤の伝える人になろう講座』(朝日新聞出版)を発売。ネット社会における情報受発信のノウハウを伝授した1冊です。ぜひチェックしてみてください。

次週4月20日(金)の『GOLD RUSH』では、世界最大級のローカルヒーロー祭りの主催者が語る、ローカルヒーロー物語をお届けします。ゴールデンウィークに思わず会いに行きたくなるような個性派ヒーローがそろい踏みです。さらに、ローカルヒーローの作り方もレクチャーしてくれるので、お楽しみに。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOLD RUSH』
放送日時:金曜 16時30分−20時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。