体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【間取り解説】ワンルームのメリット&デメリット! 狭めの1Rでも快適に過ごすワザ

生活スタイルに合った間取りを選ぼう!

住まいの快適さを左右する要素はさまざまあるが、間取りもその一つ。駅近で、専有面積が広く、設備も最新の物件でも、間取りが生活スタイルに合っていなければ快適な暮らしができないこともある。

「間取りの基本なんてわかっているし」と思いがちだが、基本知識やメリット&デメリット、快適に暮らすワザなどを、間取り別にきちんと確認しておけば、自分にぴったりの間取りが探しやすくなるというもの。

今回は最もシンプルな間取り「ワンルーム/1R」を解説する。
ワンルームのメリット&デメリットや、快適に過ごすためのインテリアのコツをご紹介|【間取り解説】ワンルームとは? メリット&デメリットと狭くても快適に過ごすワザ

ワンルームのメリット&デメリットや、快適に過ごすためのインテリアのコツをご紹介「ワンルーム」とは?

ワンルーム(1R)とはその名の通り、居室が“一つの部屋”で構成された間取り。

6畳程度の居室に、ユニットバス・トイレ、ミニキッチンがついたタイプが一般的で、キッチンは居室内に仕切りなく配置されている。そのため、安全に配慮して、キッチンには電気コンロやIHコンロが採用されていることが多い。

ワンルームの間取りは、他の間取りと同様に「洋6」のように表示されるが、これには注意が必要。ワンルームの間取り表示には、キッチンや廊下部分も含まれているので、1Kの6帖とワンルームの6帖では、ワンルームの方が狭くなる。広さにこだわるなら間取り表示ではなく専有面積で比較しよう。

近年は入居者から敬遠されがちなワンルーム。マンションを新しく建築する場合、自治体の規制などから1部屋あたり25平米以上(1K以上が多い広さ)で作られることが多いため、物件数は減少傾向にある。コンパクトなワンルームでOKという人は、築年数にこだわらない方が選択肢が増えるだろう。
間取図に「6帖」とされていても、ワンルームでは廊下やキッチンを含んだ広さであるということを忘れずに|【間取り解説】ワンルームとは? メリット&デメリットと狭くても快適に過ごすワザ

間取図に「6帖」とされていても、ワンルームでは廊下やキッチンを含んだ広さであるということを忘れずにワンルームには、大きく2種類の間取りがある

一口にワンルームと言っても、専有面積が広く、最新の設備が整ったタイプから、居室が3帖という極小タイプまでさまざま。そんな中でも特に気をつけたいのが“キッチンの場所”。

キッチンが居室に向かって配置されているか、1Kで言う「廊下」の部分に配置されているかで、使い勝手が大きく変わってくる。

「廊下」部分に配置されていれば、キッチンを仕切りやすいので、多少でも料理をする方は、キッチンが「廊下」部分に配置されているタイプがオススメだ。
普段料理をしない人は、居室にキッチンが配置されているワンルームの間取りでも困らない|【間取り解説】ワンルームとは? メリット&デメリットと狭くても快適に過ごすワザ

普段料理をしない人は、居室にキッチンが配置されているワンルームの間取りでも困らない少しでも自炊する人は、キッチンが廊下に配置されているワンルームの間取りを選ぶと匂いがこもらない|【間取り解説】ワンルームとは? メリット&デメリットと狭くても快適に過ごすワザ

少しでも自炊する人は、キッチンが廊下に配置されているワンルームの間取りを選ぶと匂いがこもらないワンルームの良いところ、悪いところって?

ワンルームは設備にコストがかからないので、家賃が安いということが挙げられる。また、室内に仕切りがないので、同じ専有面積なら1Kよりもワンルームの方が広く見えるというメリットも。

一方で、仕切りがないことはデメリットにも。

キッチンに仕切りがないので料理の匂いが室内に残りやすく、玄関と部屋が一直線に結ばれている間取りでは、宅配便などを受け取る際に部屋の中が丸見えになりやすい。また、夏場や冬場はドアを開けると、外の熱気や寒気が直接吹き込んでくる、なんてことも。【メリット】

①.家賃が安い
世田谷区の家賃相場を見るとワンルームは6.6万円、1Kは7.6万円と、なんと家賃に1万円の差があることがわかった。(CHINTAIネット調べ|2018.04.13現在)

②.トビラがないので広く見え、狭い空間でも開放的に感じ、のびのびと生活ができる

③.部屋が一つなのでキッチンやお風呂場と部屋の温度差がないため、寒さや暑さを感じず開放的に過ごすことができる

④.キッチン、食べる場所、寝る場所など全てが同部屋にあり動線が近いため、お湯を沸かしたり、料理中でもテレビが見れたりする

⑤.部屋が1つしかないので掃除が楽チン【デメリット】

①.玄関から室内が見えやすい

②.料理のニオイが直で部屋に広がり衣類などに匂いがついてしまう

③.ドアを開けると外の寒い空気が直接室内に入ってくる

④.比較的狭い

これらのメリット、デメリットを理解したうえで自分のライフスタイルと照らし合わせて部屋の間取りを決めるのがいいだろう。しかし上記のデメリットも、これから紹介するワザで解消することができる!ワンルームのデメリットを解消する快適ワザつっ張り棒&カーテンで間仕切りして二つの空間に

廊下部分にキッチンがあるタイプならDIYで仕切りを作ってしまおう。

作り方は、キッチンと居室の境目の壁につっ張り棒を設置して、そこにカーテンをかけるだけ。料理の匂いが居室に入りにくくなるだけでなく、玄関から室内が丸見えになることも防げる。
ワンルームをつっぱり棒&カーテンで仕切って2つの空間に|【間取り解説】ワンルームとは? メリット&デメリットと狭くても快適に過ごすワザ

ワンルームをつっぱり棒&カーテンで仕切って2つの空間にベッドではなく布団で寝る

ワンルームは床面積が狭いので、ベッドを置くと、部屋の大部分がベッドに占領されることもある。狭い部屋を効率よく使いたいなら、ベッドではなく布団で寝ることも検討しよう。

寝起きの都度たたむことで生活にメリハリが出る、気軽に干せる、洗えるというメリットも。ただし、いつも布団を敷きっぱなしにして万年床になってしなわないように注意。
ワンルームにベッドを置くスペースがない、もったいないと感じたら布団を敷いて生活空間を広く使おう|【間取り解説】ワンルームとは? メリット&デメリットと狭くても快適に過ごすワザ

ワンルームにベッドを置くスペースがない、もったいないと感じたら布団を敷いて生活空間を広く使おう縦の空間を上手に使えるロフト式ベッドを活用しよう

床面積の狭さは立体構造で解決することもできる。

ロフト式のベッドを使えばベッドが床を占領しないので、スペースが有効に使える。ただし、背の高い家具は圧迫感があり、部屋がより狭く見えるので、使い勝手と暮らしやすさのバランスをよく考えて、購入しよう。
面積をあまりとらないロフト式ベッドなら、生活空間を広く使うことができる|【間取り解説】ワンルームとは? メリット&デメリットと狭くても快適に過ごすワザ

面積をあまりとらないロフト式ベッドなら、生活空間を広く使うことができる知識と知恵を身につけて快適なワンルーム暮らしを

部屋も家賃もコンパクトなワンルームは、家賃を節約したい方にはうってつけの間取り。とはいえ、他の間取りと比較するとデメリットもあるので、ワンルームのポイントと暮らしのワザを知っておくことが大切だ。

今回紹介したポイントとワザを活用して、快適なワンルーム暮らしを実現しよう!

ワンルームの賃貸物件はこちら!

文=小林ぴじお
イラスト=KOH BODY

[関連記事]
▼狭いワンルームや1Kを広くオシャレに! インテリアコーディネート術6選
https://www.chintai.net/news/2018/02/16/16274/

※雑誌「CHINTAI」2018年3月24日発売号の特集は「家賃・食費・光熱費 まるっと節約ガイド」。こちらから購入できます(毎月24日発売)
https://www.chintai.net/magazine/あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけようあなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう

CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。