体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

原宿のアートなお好み焼きレストラン「さくら亭」をレポート

原宿のアートなお好み焼きレストラン「さくら亭」をレポート
 

こんにちは、MOSHI MOSHI BOX 原宿観光案内所・スタッフのエリーです。

 

MOSHI MOSHI BOXには「原宿でオススメの和食が食べたい」という問い合わせが多く寄せられます。そこで今回は、MOSHI MOSHI BOXの近くにお店を構えるお好み焼きレストラン「さくら亭」に行ってきました!お客さんの半分は外国人観光客の方なので、外国人の方に特におすすめしたいお店です。

 

お好み焼きとは、水で溶いた小麦粉に、千切りしたキャベツや天かす、魚介類やばら肉などの「お好み」の具材を混ぜ、それを鉄板に広げて焼いたもの。日本で人気の高い和食のひとつです。

 

 

アートな壁と竹が特徴的な外観

7I9A44597I9A4463

MOSHI MOSHI BOXも位置する明治通りのムラサキスポーツとニューバランスの間を直進します。ファミリーマートを左折するとすぐ道が2つに分かれるので、左側の細い路地に入ります。左側に白い建物「デザインフェスタギャラリー」が見えたら、その隣です。鮮やかなウォールアートと竹が目印!道が分からずに迷ってしまった場合はMOSHI MOSHI BOXへお立ち寄りくださいね。

 

7I9A44727I9A4475 copy

店内はとにかくフォトジェニック!壁全面に絵が描かれています。絵は半年に1回程度のペースで描き換えれるので行くたびに違うものが見れるかも!さくら亭の隣にある「デザインフェスタギャラリー」で個展を開催しているアーティストさんにオファーする他、店員さんが描いているものもあるそうです!席数は約200席以上あるので、大勢でのパーティーにもぴったり!

 

7I9A4476

扉からひょっこり!店内で写真を撮るのも楽しい。

 

7I9A4480

私のお気に入りポイントは、店内を木が貫通しているところ!もともとそこに育っていた木を切り倒さずに、木が店内の一部になるようにさくら亭を建てたんだとか。ダイナミックでユニークなアイディアによって、建物内は開放的な雰囲気。まるで原宿にいるとは思えない、リラックスできる空間です。

 

 

 

「さくら亭」オリジナルお好み焼きを注文!

メニューはお好み焼きの他にももんじゃ焼き、焼きそば、鉄板焼き、餃子など種類豊富!英字メニューがあるのも嬉しいですね。店員の方は外国人の方も多く、英語・韓国語など様々な言語にも対応しています。ベジタリアンやヴィーガン、ハラルにも対応してくれるそうなので、質問がある場合は気軽に尋ねてみてください!

 

 

今回注文したのは、さくら亭の人気No.1メニュー「さくら焼き」(¥1400) ※価格は全て税込

7I9A4487豚、イカ、エビ、ねぎ、椎茸、桜えび、豚バラ肉、卵の8種の具材が入ったお好み焼きです。各テーブルには鉄板が設置されているので、自分でお好み焼きを作っていきます。

 

7I9A4496

お好み焼きを作ったことがない方でも大丈夫!お好み焼きの作り方がわかりやすく書かれた紙が各テーブルに置いてあります。

 

7I9A4517

早速、お好み焼き作りに挑戦!まずは具材と生地をしっかり混ぜます。これでもかっ!というくらい全ての具材を混ぜ込むのがおいしく作るコツだそう。しっかり混ぜたあとは生地を鉄板の上に丸くなるようにのせ、その上に豚バラ肉をのせます。そして6~8分、表面に焦げが付くまで焼きます。

 

7I9A4518

片面が焼けたらいよいよお好み焼きをひっくり返します。これが思ったより重くてうまくひっくり返せるか不安…

勇気をだして…くるっ!!!!!と!

 

7I9A4519

ひっくり返せました。うまくひっくり返せたときのあの盛り上がりと喜びはたまりません…!

このひっくり返す工程で盛り上がりながらお好み焼きを作っていきます。お店の方も、「お客さんが楽しみながらお好み焼きを作る姿を見るのが嬉しい」とおっしゃっていました。

ひっくり返したら、さらに6分焼いていきます。

 

7I9A4537

焼けたら鉄板の上で軽く焼いた卵をのせ、オリジナルソースとマヨネーズ、鰹節の粉とマヨネーズをかけて完成!

 

7I9A4543

まだアツアツのうちに、早速いただきます!ふつうのお好み焼きよりは少し分厚いお好み焼きですが、果たしてそのお味は…?

 

7I9A4547

めちゃくちゃおいしい!!!魚介ダシの効いた具材たっぷりな生地と、少し甘めなソースの味が、さくら焼きならでは!粉ものなので普段はすぐにお腹いっぱいになってしまうお好み焼きですが、さくら焼きはやわらかくて少しトロッとしているので、バクバク食べれちゃいます♡

 

 

パフェを炒める!?初体験のデザート

7I9A4489

お好み焼きのあとは、甘いものが食べたくなる…!メニューを見ていてまっさきに目に飛び込んできた“あまーいもんじゃ焼き”「バナヤン」(¥550)を注文しました。

もんじゃ焼きとは、小麦粉をゆるく水に溶きいろいろな具をまぜて焼いた、お好み焼きに似た一品。お好み焼きよりもトロッとした食感を楽しめます。“あまーいもんじゃ焼き”を早速作っていただきました。

 

7I9A45557I9A4557

作り方は簡単!パフェの具を全て鉄板の上で混ぜ合わせてパフェを炒めていくだけ。なんだか子供心がうずくようなワクワクする見たこともないデザートです。

 

7I9A4559

味は…食べたことのないような新感覚!風味がどこかバナナマフィンに似ているような…焦げた部分がキャラメルのように甘く、クセになります。みなさんもぜひ挑戦してみてくださいね。

 

 

7I9A4571

食後の後におすすめしたいのが、こちら。自家製「さくらレモネード」(¥500)

こちらのレモネードには桜の塩漬けが入っており、外国人にも大人気のメニューです。とてもさっぱりした味で、さくらの風味がいつでも春を思い出させてくれるよう。通年で楽しめるドリンクなので、ぜひ試してみてください!

 

 

7I9A4596

始めて訪れた「さくら亭」でしたが、お好み焼き・デザート・ドリンクはもちろんお店のいたるところに思わず笑顔になってしまう仕掛けがたくさんありました。みなさんもぜひ原宿にきた際は「さくら亭」に足を運んでみてくださいね。

 

 

Model & Writer Ellie

 

 

■Information

さくら亭

住所:東京都渋谷区神宮前3-20-1

営業時間:11:00~23:00 ランチ 11:00~15:00

定休日:無休

TEL:050-5872-5426

URL:http://www.sakuratei.co.jp/wp3/

出典:もしもしにっぽん

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。