体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

納得のコンシューマープライス。機転のきいた「花瓶」

納得のコンシューマープライス。機転のきいた「花瓶」

ビビッドなお色味のフワラーベース。お花との相性もゴキゲンでございます。

どこにでもありそうでいて、ここにしかない。そんなプロダクトを世に送り出しておられるEvan Gantさまによる、機転のきいた花器をご覧くださいませ。納得のコンシューマープライス。機転のきいた「花瓶」納得のコンシューマープライス。機転のきいた「花瓶」

お花を抜き取りまして、お水を捨ててしまうと、右から左のようにシュッと見た目もスリムになられるようです。

なぜかって?

そうでございます。この一輪挿し、外皮は風船にございます。納得のコンシューマープライス。機転のきいた「花瓶」

風船の内部にこの支柱を仕込むことにより、水で満たされたときも転がったり、傾いたりなさらないんだそう。

仕掛けがわかると、「なーんだ」なんて失望なさるかもしれません。なんの芸もない。その通りかもしれません。割れたらどうする?水モレしそう?はい、いろんな懸念点もたしかにおありでしょう。納得のコンシューマープライス。機転のきいた「花瓶」

難癖つけるのは簡単でございますが、風船にお花を活けよう。その発想に脱帽してしまいました。

これで11ドルというから1100円ちょっと。コンシューマープライスを聞けば、みなさまもきっと納得なさるはず。Licensed material used with permission by Evan Gant納得のコンシューマープライス。機転のきいた「花瓶」「花のある暮らし」をデリバリーしてもらおう。納得のコンシューマープライス。機転のきいた「花瓶」自分のためにお花を買いたくなる、花の活け方納得のコンシューマープライス。機転のきいた「花瓶」「木の花器」にドライフラワーを飾ろう。納得のコンシューマープライス。機転のきいた「花瓶」「茎や葉」まで楽しめる花器納得のコンシューマープライス。機転のきいた「花瓶」AIには創りだせない、生きる花器。

関連記事リンク(外部サイト)

「木の花器」にドライフラワーを飾ろう。
お金を払ってでも買いたい「ゴミ」
「茎や葉」まで楽しめる花器

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。