体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インタビュー】人脈モンスターカラテカ入江が伝授!デキる男の飲み会必勝法

「例えば、今、皆さんにご紹介している“RUBY MUSHROOM”は、会話を始めるきっかけにもなる。特に初対面の方との飲み会で乾杯をする前に渡せば、とても印象深いですよね」

そうアドバイスするのは“芸能界一の人脈を持つ男”と言われる、お笑い芸人カラテカの入江慎也さん。お酒を飲む前のサポートドリンク「RUBY MUSHROOM(ルビーマッシュルーム)」のサンプリングイベントでのことです。

この日、入江さんはラピロス六本木前に登場。行き交う人々と、人脈を広げるためのコツが書かれた“格言入り名刺”を交換し会場を盛り上げます。 イベントに潜入取材した編集部は、数々の飲みの席を経験してきた入江さんに「誰でも実践できる、飲み会必勝法」を伺いました。話が得意でなくても、その場を盛り上げ、楽しい飲み会を過ごせる方法があるそう。(飲み会苦手かも…)(合コンでモテたい!)と思っているそこのあなた、必読ですよ! 初めて会った人といきなり名刺交換!ガチだ! 開始早々、人だかり。

「RUBY MUSHROOM」は、台湾固有種の赤色のキノコ「ベニクスノキタケ」の菌糸体エキスを配合した乾杯前の飲み物。

飲み会で使える3つのポイント

早速入江さんに飲みニケーションで実践している事を聞くと…

「才能のある人や仕事で結果を残せる人はいいです。世の中、飲みの席で目立たなくとも人気のある人っているじゃないですか。でも、自分のポジションが定まらなかったり、芸人の世界でいえば、面白くもないのに、そういった場で気を使えないのは良くない。つまらなそうにしている人に仕事ふりたくないですよね。だからといって、口下手だったり、声が小さかったり、飲みの席に馴染めず楽しめない…と悩む人は無理に頑張らなくても良いと思う。僕は「明るい色の服を着る」「ニコニコする」「情報通になる」この3つを実践していれば、誰でも飲みの席でのコミュニケーションがスムーズになると思っています。」とすぐにでも実践できる3つのことを教えていただけました。

「情報通になる」「いい店を知っている人」は優秀!

「ビジネスでもプライベートでも、飲みの席を盛り上げたかったら、まず場所選びは大切。例えば、店員さんがカワイイ(カッコいい)でもいい。予約がとれない人気店、コスパが良い店、アンジャッシュの渡部さんが紹介していた…など、飲む相手や目的によって選べる“いい店”の情報ストックがあればあるほど優秀です。僕自身、ビジネスパートナーや社長さんから「入江さん、ココご存知ないかなと思って。あえて選びました」と紹介されると、お店の話題で会話が生まれて、緊張もほぐれるし、わざわざ探してくれたことに嬉しくなります。」

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。