体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Googleカレンダー活用術】スケジュールをインポートする方法

【Googleカレンダー活用術】スケジュールをインポートする方法

Googleカレンダーは、他のカレンダーの予定のインポートや、Googleカレンダーの予定を他のカレンダーに移行(エクスポート)することができます。複数のカレンダーでスケジュール管理を行っている方は、Googleカレンダーのインポート/エクスポート機能を使えば、予定の登録を一度で済ませることができます。

この記事では、Googleカレンダーのスケジュールのインポート/エクスポート方法、よくあるトラブルの対処法をご紹介します。

※2018年3月時点でのGoogleカレンダーおよびOutlookの最新版を元に解説しています。


Google カレンダーにスケジュールをインポートする

Googleカレンダーは、ファイル形式がcsvやiCalであれば他のカレンダーに登録したスケジュールをインポートすることができます。Googleカレンダーにスケジュールをインポートする方法をご説明します。

インポートの基本手順

予定を登録しているカレンダーサービスまたはアプリを開いて、エクスポートの項目からcsv形式でデータをエクスポートします。(※) Googleカレンダーを開いて画面右上にある「設定メニュー」(歯車マーク)→「設定」の順にクリック。 左側の「インポート/エクスポート」をクリック。 「パソコンからファイルを選択」をクリックして1のcsvを選択し、「インポート」をクリック。

※他のカレンダーのデータのエクスポート方法の詳細は該当のアプリのヘルプをご確認ください。またスマホアプリでエクスポートした場合はファイルをPCにコピーさせておきます。

csvファイルの作成方法

Googleカレンダーにインポートするcsvファイルの1行目のヘッダーには、以下の項目を必ず記述しなければなりません。

必須項目

Subject:予定の名前(例:S社と会議) Start Date:予定の開始日(例:15/02/2018)

その他にも次の項目がよく利用されます。これらの項目は任意項目なので必要に応じて設定してみるとよいでしょう。

よく利用される任意項目

Start Time:予定の開始時刻例:11:00 AM End Date:予定の終了日例:15/02/2018 End Time:予定の終了時刻例:2:00 PM All Day Event:終日の予定であるかを指定。終日の予定のときは「True」、終日でないときは「False」と入力。 Description:予定の説明やメモ。例:××の出荷日と販売価格について Location:予定の場所例:本社3F会議室 Private:限定公開の予定であるかを指定。限定公開のときは「True」、限定公開でないときは「False」と入力。(※)

※他のカレンダーのデータのエクスポート方法の詳細は該当のアプリのヘルプをご確認ください。またスマホアプリでエクスポートした場合はファイルをPCにコピーさせておきます。

Google カレンダーをエクスポートして、他スケジュールへ移行するには

Googleカレンダーに登録した予定はOutlookなどの他のカレンダーにインポートすることもできます。

 

Googleカレンダーのデータをエクスポートする方法

Googleカレンダーを開いて画面右上の「設定メニュー」(歯車マーク)→「設定」の順にクリック。 左側の「インポート/エクスポート」をクリック。 画面右下の「エクスポート」をクリック。 ダウンロードフォルダに「Gmailのメールアドレス.ical」というファイル名のZIPファイルが自動的に保存されます。 3のファイルを右クリックして「すべて展開」を選びZIPファイルを解凍して他のカレンダーにインポートできる状態にしておきます。
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。