体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家庭菜園、初心者でも育てやすいのは? 虫はあの飲み物で駆除できる 

家庭菜園、初心者でも育てやすいのは? 虫はあの飲み物で駆除できる 
J-WAVEで放送中の番組『GOOD NEIGHBORS』。4月9日からの週は、クリス智子に代わり女優の南沢奈央がナビゲーターを担当しました。4月12日(木)のオンエアでは恵泉女学園大学教授で家庭菜園の第一人者、藤田 智さんが登場。初心者にもオススメの家庭菜園について訊きました。

■焼き肉にピッタリな、あの野菜がおすすめ!

藤田さんは野菜園芸学や植物育種学を学生に指導するかたわら、NHK『趣味の園芸 やさいの時間』や、日本テレビ系『世界一受けたい授業』に出演し、著書も数多く出版しています。

南沢は、去年自宅のベランダで家庭菜園をチャレンジして、特にきゅうりの栽培が難しかったそうです。そこで初心者向けのコツを訊きました。

南沢:きゅうりをふた株植えて、採って食べられたの3〜4本かな……。
藤田:ひと株から2本くらいしか採れなかったのは病気ですね。残念ながらきゅうりはひとつの株から基本に則って、地道にやれば10本前後は採れます。
南沢:きゅうりって、どんどん大きくなるのでいつ採ったらいいのかわからなくてダメにしちゃうんですが。
藤田:きゅうりのなる花は、花の下にきゅうりがついているものです。あの花が咲いて、1日で3センチ伸びるので、1週間くらいで20センチのお店で売っているきゅうりになります。2週間畑を見に行かないと、へちまみたいにデカくなってるんですよ。ですからきゅうりは花が咲いてから1週間で収穫するというのが正しいです。

南沢の失敗談を踏まえて、これから始める人に失敗しない野菜を伺いました。

藤田:意外かもしれませんけど、素人で失敗しないやつはサニーレタスとかサンチュ。苗をプランターに3つくらい埋めますと1ヶ月でデカくなるんです。できたものを洗って、焼肉なんかを巻いてすぐ食べるのが、簡単でいいと思います。それと小松菜、チンゲン菜、ほうれん草は種を巻いたあとにネットで覆うんですよ。目の大きさが1ミリぐらいのネットで覆うとバッチリできます。ネットは虫がつくのを防ぐためです、背の高いマンションだと虫がつきませんけど。
南沢:私も、青しそはすごい虫に食べられたんですよ。虫の対策ってどうしたらいいんですか。
藤田:一番いいのは、1週間に1回手で潰す。潰すことできなかったらガムテープで反対にしてペタペタ葉っぱにつけてやると虫が取れます。あとあるものをかけるとだいたい虫がいなくなります。
南沢:私、母から聞いた話で、コーヒーのすてがらみたいなのを土に撒いていたんですよ。
藤田:それはですね、土がいい香りがするくらいでしょうね(笑)。残念ながら虫には関係ないです。
南沢:一生懸命、定期的にコーヒー豆撒いてました(笑)。
藤田:大丈夫です。自ら野菜をつくろうとする感覚が、私たちからすると嬉しいですね。

■虫を寄せ付けないようにするには?

後半は藤田さんが園芸初心者にクイズをいくつか出題してくれました。虫よけに吹きかける「あるもの」の答えも登場した、その一部を紹介します。

藤田:家庭菜園の大敵、アブラムシにある飲みものを吹きかけると駆除することができますなんでしょうか?
南沢:ハーブティー。
藤田:ハーブティーも効く場合もありますが、答えは牛乳です。牛乳は飲みものでもありますが、農薬の世界では農薬になります。牛乳をかけられた虫に膜がはって呼吸ができなくなります。同じく洗剤でもいいです、洗い流せば大丈夫です。

気になった方は、藤田さんの著書『野菜はすごい!』もぜひチェックしてみてください。

19日(木)の『GOOD NEIGHBORS』は、ゲストに土井善晴さん、中井精也さんが登場。お楽しみに!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:『GOOD NEIGHBORS』
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。