体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

<ライブレポート>“もうひとつのシカゴ”CTAが新旧ナンバーでファンを魅了! 大熱狂で幕が開けた来日公演初日

<ライブレポート>“もうひとつのシカゴ”CTAが新旧ナンバーでファンを魅了! 大熱狂で幕が開けた来日公演初日

 50年の歴史を持ち、「長い夜」や「サタデイ・イン・ザ・パーク」で知られる大御所ロック・バンド、シカゴ。その創設メンバーだったダニー・セラフィン(ds)が、自身のバンド:CTA(California Transit Authority)を率いて、約30年ぶりに日本のステージに立った。しかもそのラインナップには、1980~2000年代のシカゴを支えた盟友ビル・チャンプリン(vo,kyd g)が在籍。更に、シカゴの最初の危機(78年/初期リーダー:テリー・キャスの事故死)を救ったギタリスト:ドニー・デイカスがゲストとして帯同している。度重なるメンバー交代で本家が揺れる昨今、“もうひとつのシカゴ”たるCTAのショウをライヴ・ヴェニューで堪能できる意義はとても大きい。オリジナル中心のアルバムを出しているCTAながら、ライヴのセットリストは、期待通りシカゴのレパートリーばかりである。

CTA ライブ写真(全16枚)

 照明が落ちると同時、「この時を待っていた!」と言わんばかりの勢いでダニーが登場。メンバーが所定の位置につき早々に繰り出したのは、オーヴァーチュアにリ・アレンジされた「Introduction」だ。もちろん、言わずと知れたシカゴの1stオープニング曲。続いて「Make Me Smile」、「Question 67 & 68」とシカゴの初期レパートリーを連発し、集まったオーディエンスを煽り立てる。ソウルフルなビルは当然のこと、最新メンバーでピーター・セテラ/ジェイソン・シェフ以上のハイトーン・ヴォイスを提供するトニー・グラント(ex-Az Yet)、ベースを弾きながらヴォーカル・パートではロバート・ラム役と思しきトラヴィス・デイヴスのフロント陣のコーラスが、とても肉厚で心地良い。

 実は事前にyotubeの映像を見て、もう少しリラックスしたステージになると予想していた。CTAの場合、本家シカゴの看板であるブラス・セクションも持っておらず、今ツアーでは日本の若手セッション・ミュージシャン3人が“バンザイ・ブラス”と名乗ってサポートについている。でも「なーんだ…」と嘆くことなかれ。公演に向けてしっかりリハーサルを重ねたのだろう、そのアンサンブルは映像以上にカッチリまとまり、オリジナル・シカゴの意匠を守りながらも、CTAの各メンバー、特にヴォーカル陣を大きくフィーチャーしていた。

 もちろん、初期シカゴのナンバーだけでなく、ビルがジョージ・ベンソンに提供した「Turn Your Love」、80年代のバラード・ヒット「You’re The Inspiration(君こそすべて)」や全米No.1曲「Look Away」も披露される。日本で言えば古希を迎えたビルゆえ、見た目は若干歳を召した感があるが、歌声はまったく衰え知らず。得意とするオルガンでの貢献も高く、ギターを手にする場面もあった。

 中盤の見所はドニー・デイカスの登場である。これまでにも、ダニーと共にシカゴの“ロックの殿堂入り”式典に出演したり、CTAのU.S.ライヴに参加したことはあるが、まさか日本でその動く姿が見られるとは! 歌ったのは、シカゴ加入前にサポートしたスティーヴン・スティルスと書いた「Turn Back The Pages」と、彼のシカゴ・デビュー作『HOT STREET』(通算12作目)に収録されたドニー&ダニーの共作曲「Ain’t It Time」。意外に華奢で小柄な人だったが、スピード感のある やんちゃなギター・ワークは健在で、嬉しくなってしまった。当時は賛否両論飛び交ったが、ディスコ・ミュージックとクロスオーヴァー・サウンドが隆盛を誇ったあの時代、フットワークの軽いドニーのスタイルは、間違いなくシカゴに新風を吹き込んだ。その余韻が蘇った往年のファンは、きっと少なくなかったことだろう。

 その中盤を締めたのは、バンド・マスター役を担うエドワード・ロス(kyd)、CTA結成のキーパーソンとなったマーク・ボニーラ(g)、それぞれのソロ・パートである。いずれも「Does Anyone Know What Time It Is」や「Just You And Me」、「Color My World」辺りに繋ぐ形をとっていて、思わずニヤリ。特にエドは、アンサンブルではさほど目立たないものの、実際はステージ反対側に立つ日本人ブラスに向かって大きなジェスチャーで指示を飛ばすなど奮闘していた。ダニーも彼を信頼しているからこそ、音作りの要を委ねているのだろう。
 「日本は第二のホームグラウンド。戻って来られて本当に嬉しい」というダニーのコメントを挟んで、ショウは一気にラストへ。ビルとトニーによる「Hard Habit To Break(忘れ得ぬ君に)、再びドニーが参加しての「長い夜」でフロアは総立ちに。ダニーのドラム・キットの前に、上手からビル、ドニー、トニー、トラヴィス、エドと横一線に並ぶ様は、かなり迫力がある。そしてアンコールの「サタデイ・イン・ザ・パーク」で大合唱のうちに幕。トータルして、制限時間イッパイいっぱいの90分超。まさに、時間がいくらあっても足りないような、中身の濃いショウであった。

 ちなみに2nd Stageでは、一部セットリストに入れ替えがあり、「I Don’t Wanna Live Without You」や「Take Me Back To Chicago」なども。「I’m A Man」が本編最後で、「長い夜」がアンコールに回った。そして1stのアンコール曲「サタデイ・イン・ザ・パーク」はスタート直後に。そのほか細かい調整が、開演直前まで行われていた。オーディエンスの酔度もあって、2nd Stageの方がノリが良くなるのがライヴの常だが、この日も2ndは10分増量。セットも微妙に異なるので、シカゴ・ファンには2ステージ通しての鑑賞をオススメしたい。ファミリー・ツリー上は“分家”であっても、そのショウの内容は、本家シカゴに比べてもまったく遜色ないものだから…。

Text: 金澤寿和
Photo: Masanori Naruse

◎公演情報
【CTA
featuring Danny Seraphine, Bill Champlin and Donnie Dacus】
2018年4月17日(火)※終了
2018年4月19日(水)
ビルボードライブ東京

2018年4月20日(金)
ビルボードライブ大阪

詳細:http://www.billboard-live.com/

関連記事リンク(外部サイト)

CTA来日記念特集
CTA、ダニー・セラフィンら歴代メンバーが集結しシカゴのヒット曲を披露するプロジェクトが来日
メイヤー・ホーソーンとジェイク・ワンによるディスコ&ファンク・ユニット、タキシードの来日が決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。