体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

読んで後悔したら全額バック 漫画アプリが異例のキャンペーン

 違法サイトに頭を悩ませる漫画業界。そんな中「素晴らしい作品を作った作家に対して、敬意を込めて然るべき経済的対価が還元されてほしい」という願いが込められた、ちょっと変わったキャンペーンが開始された。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 実施したのは、「漫画のセレクトショップ」をコンセプトにした漫画アプリ「マンガトリガー」を運営する株式会社ナンバーナイン。企画に賛同した漫画家・水上悟志(惑星のさみだれ、スピリットサークル等)、出版社の株式会社少年画報社も協力している。

 キャンペーンでは、少年画報社が出版する水上悟志の作品「スピリットサークル」をマンガトリガー上で全話購入して読んでもらい、その上の評価で5段階評価のうち5が「満足」、1-4が「後悔」とし、1-4を選んだ人全員に全額分のコインを返還するという試みだ。また、「満足」を選んだ人にも300コインがプレゼントされるという。これら費用は書店、出版社、漫画家が赤字覚悟で負担する。

 「スピリットサークル」は、編集部が「勧めた人ほぼ全員が満足した」と自信を持つ作品だという。全6巻で7回も輪廻転生を繰り返すという圧倒的スピード感の中で、人との関わりや心の機敏さを繊細かつ大胆に描いており「まごうことなき傑作です」と太鼓判を押している。

 また、こうして作品に惚れ込んでいるからこそ「もっとたくさんの人に読まれるべき名作だと思っています。 しっかり価値を感じてもらいたいから、 まずはお金を払って読んでください」と自信を持って勧めている。

 マンガトリガーで実施されるこのキャンペーンはアプリリリース一周年を記念した「編集部が好き過ぎてたまらない水上悟志作品を推しまくってみた祭」の中で、「読んで後悔したら全額コインバックキャンペーン」として実施される。期間は4月18日(水)から5月1日(火)正午まで。申し込み詳細についてはマンガトリガー公式サイトに掲載されるキャンペーンページで確認して欲しい。

関連記事リンク(外部サイト)

「カードキャプターさくら展」10月に六本木ヒルズで開催決定
白泉社「春のオネエ祭り」、はっじまっるよ~!
「エイリアン通り」「CIPHER」など生原画41点展示 成田美名子展が銀座で開催

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。