体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

セガから4大発表! すべてのセガファンに感謝を込めて完全新作『新サクラ大戦』&『シェンムーⅠ&Ⅱ』他

去る2018年4月14日~15日の2日間、ベルサール秋葉原でセガのお祭り『セガフェス2018』が開催されたのは既報の通り。そこでセガホールディングス会長の里見氏からすべてのセガファンにむけた4つの新情報が発表された! 今回はその内容をお伝えしよう。

 

セガからの4つの新情報とは

(中央)株式会社セガホールディングス 代表取締役会長 CEO 里見治紀氏 (左)株式会社セガゲームス 代表取締役社長 COO 松原健二氏 (右)株式会社セガ・インタラクティブ 代表取締役社長 CEO 杉野行雄氏

セガグループの代表3人によるテープカットから華やかに開幕した『セガフェス2018』。会場地下のホールでは様々なステージ・出し物が披露されたが、特筆すべきはオープニングの4大発表だ。株式会社セガホールディンクス 代表取締役会長 CEO 里見治紀氏が登壇し、セガファンから寄せられた想いや期待に対する4つの答えを発表した!

 

発表その1 : 新生「SEGA AGES」始動!

1つ目は、右から読んでも左から読んでもSEGA AGES』(セガエイジス)という、会場の緊張感を和らげるようなうんちくを交えて発表。セガ歴代の名作が、ニンテンドースイッチのハード上で復刻される。少なくとも15タイトルをダウンロードコンテンツとして配信することが決まっており、すべてのコンテンツに追加要素を盛り込むとのことだ。今回発表されたのは、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』『サンダーフォースIV』『ファンタシースター』の3作品。

 

発表その2 : メガドライブが手のひらサイズになって新登場!

2018年は、メガドライブ発売から30周年、ドリームキャスト発売から20周年という節目の年でもあり、2つ目の発表は懐かしいタイトルをたくさん詰め込んだ『メガドライブ ミニ』(仮称)の新発売。スクリーンに映し出されると同時に、ステージを見ていたセガファンから大きな歓声が沸き起こった。

ステージが明るくなると里見CEOが「ポケットには入らないです」と実物を持って登場。手のひらサイズのハードを我々に披露してくれた。「2018年中には発売したい」と述べ、収録タイトルはゲーム界を引率したソフトからマニアが唸るものまでユーザーの意見を取り入れつつ決めていきたいとのことだ。

里見氏からは「ジョブズっぽいでしょ」などのジョークも飛び出し、会場は笑いが絶えなかった!

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。