体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お笑いサークル団体戦「NOROSHI2018」優勝!! 大学生芸人が実践する“友達作り”のコツ

お笑いサークル団体戦「NOROSHI2018」優勝!! 大学生芸人が実践する“友達作り”のコツ お笑い 友達づくり お笑い 友達づくり

4月に入り、大学生や専門学生としての生活がスタートしたり、新しい授業やゼミが始まり環境が変わったりしますよね。初めて顔を合わせる人も多くて緊張する中、いかに友達を作っていくかは大きな課題。

初対面のお客さんを笑いの渦に巻き込むお笑い芸人であれば、人の懐に入り、友達になる術を知っているかもしれません。そこで、今年2月から3月にかけて開催されたお笑いサークル団体戦「NOROSHI2018」で、見事優勝をつかみ取った上智大学お笑いサークルSCS「オデッセイ」の田中亜輝人さん、金澤春徳さんに、友達作りのコツを聞いてみました。

 

お笑い 友達づくり2人で漫才を行う時は、田中さん(左)がボケ、金澤さん(右)がツッコミを担当

 

面白さを追求する過程で、めちゃくちゃ人から嫌われた(苦笑)

お笑い 友達づくり

――2人がお笑いサークルに入ったきっかけは、何だったんですか?

お笑い 友達づくり

金澤 僕は高校で漫才愛好会に入っていたことがきっかけで、彼女ができたので、大学でも同じようにいい思いができるんじゃないかなって。

お笑い 友達づくり

田中 動機が欲深いな(苦笑)。僕はもともとボクシング部に入ろうと思って、部室に行ったんですよ。先輩から「君のパンチ見せてよ」って言われたからミット打ちをしたら、「才能はないね」って言われて、入部を取りやめたんです。その帰り道に“お笑い”って書かれたでかい看板を見かけて、部室に入ったらお笑いライブをやってて、面白くて入った感じですね。

 

お笑い 友達づくり田中さんがサークルに入るきっかけとなった“お笑い”看板

――サークルに入ってからは、順調に笑いを極めていったんですか?

お笑い 友達づくり

田中 とりあえず自分が面白いと思ったことを、片っ端からやりましたね。その過程で、めちゃくちゃ人に嫌われましたけど(苦笑)。

お笑い 友達づくり

金澤 田中は夏合宿とかで、女性部員がいる前で脱いだりするから、嫌われていくんですよ。確実に人に嫌われるであろうことを、選んじゃうから(笑)。僕は遊びでやれたらいいなって感覚だったんですけど、サークル全体がストイックで、本気でお笑いやっていたから、感化されましたね。

――人に嫌われながらも、体を張って、「NOROSHI2018」では優勝しましたね。

お笑い 友達づくり

田中 2017年の大会に出た時に、めちゃくちゃ滑ったんですよ。お客さんの咳払いが聞こえるくらい。だから、もう一回チャレンジしたかったんです。今回の準決勝は全然ウケた感じがしなくて、やけ酒してベロベロになってた時に「決勝進出」って聞いて、泣くほどうれしかったですね。

お笑い 友達づくり

金澤 僕は優勝より前に、初めてサークル内の一軍チームに誘ってもらえたことがうれしかったんです。同じチームの先輩2人がすごく面白くて大好きだから、一緒に決勝の舞台に立てて、よかったなぁって思いますね。先輩が頑張ってくれて、僕らは決勝まで連れてきてもらったくらいの気持ちです。

――ネタを見せる時、お客さんの心をつかむために意識していることは?

お笑い 友達づくり
1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。