体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『サッポロ 愛のスコールマンゴーサワー』これは“まるごと”マンゴーなサッパリ甘いサワー!

西日本在住の方ならおなじみの乳清炭酸飲料「スコール」。すでに関東に上陸してしばらく経ち、徐々に浸透しつつある。昨年9月にはRTDアルコールドリンク「サッポロ 愛のスコールホワイトサワー」が登場し、密かなブームとなっている。そんなスコールのサワーシリーズ第2弾として『サッポロ 愛のスコールマンゴーサワー』が期間限定で登場した。もう飲む前から美味しいのは間違いないのだが、やっぱり実際に飲んでみたいということで試飲レビューを敢行する。異論は認めない。

「その愛はまるで、太陽だった。」ということらしいRTDアルコールドリンク

南日本酪農共同株式会社が45年の長きにわたり、九州をはじめ西日本を中心に販売している「スコール」。最近では「愛のスコール」と称して、ここ東京でも手軽に手にすることができるようになった。そして昨年9月には、サッポロビール株式会社とのコラボで「サッポロ 愛のスコールホワイトサワー」が全国発売され、注目を集めたのは記憶に新しい。

そんな「愛のスコール」のRTDアルコールドリンク第2弾『サッポロ 愛のスコールマンゴーサワー』(340ml・希望小売価格 税抜160円・2018年3月6日発売)期間限定商品として発売された。ベースとなっているのは「サッポロ 愛のスコールホワイトサワー」で、そこに“太陽の恵みをたっぷりと受けた”マンゴー果汁の柔らかな甘みを注入した新感覚のサワードリンクとなっているようだ。

 

「愛のスコールホワイトサワー」の魅力については、九州は博多出身お笑い芸人の博多華丸・大吉の大吉先生に語っていただこう。

なんと大吉先生が“愛吉先生”となって、迷える大人たちの悩みにシュワッと愛を注入してくれる。この春からNHKの「あさイチ」メインパーソナリティーにも就任し、ますます勢いに乗る博多華丸・大吉。そんな大吉……いや、愛吉先生がオススメするのだから間違いのあろうはずがない。

 

「愛のスコール」は“安心して飲める炭酸飲料を”という子どもたちへの愛、そして酪農家や牛乳への愛がたっぷりと詰まった“人間愛”を具現化したような乳清炭酸飲料。そのRTDアルコールドリンクを味わってみるとしよう。

まさに“マンゴー”って感じのトロピカルな缶パッケージ

パッケージにはマンゴー果実と、むいた実が描かれている。これでもかというぐらいのマンゴー推し(笑)。わかりやすいのは良いことだ。また「期間限定」というフラッグもデザインされている。そう。この「サッポロ 愛のスコールマンゴーサワー」は2018年8月末までの期間限定なのだ。ただ、需給状況によっては変動する可能性もあるとのことなので、美味しくて何度もリピートすれば生産延長もありうるという解釈で良いのだろうか。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。