体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Bluetooth」ってなに? Wi-Fiとの違いは? 接続方法や便利な使い方を徹底解説

無線通信技術「Bluetooth(ブルートゥース)」。スマホやPCなど、店頭に並べられる多くのデジタル機器に内蔵された機能だ。気づかないうちに使っている人もいるだろう。

今回はそのBluetoothの仕組みやメリット、接続方法から便利な使い方を解説。使ったことがないという人も、その便利さをぜひ感じ取ってみてほしい。

そもそもBluetoothってなに?

さて、まずは「Bluetoothとはなにか」から説明しよう。

Bluetoothとは、無線通信の規格のひとつだ。対応した機器同士は、ケーブルなどを接続しなくてもデータをやりとりできる。有効範囲はおよそ10m以内。国際標準規格のため、対応機器なら各国のどんなメーカー同士でも接続可能だ。

Bluetoothのマーク

「いまいちピンとこない……」という人は、事例を聞くとわかりやすいかもしれない。たとえば「Bluetoothイヤホン」を想像してみてほしい。

これまでのイヤホンは、ケーブルの先端をスマホやPCに挿入する仕組みだった。しかし、Bluetooth対応のイヤホンをスマホとつなぐならケーブルは不要だ。スマホからイヤホンへとワイヤレスで音楽データを送信するため、Bluetoothイヤホンは耳栓のように独立した形状でも成り立つようになった。

Bluetooth接続のワイヤレスイヤホン

AppleもiPhone 7以降のシリーズではイヤホンジャックを廃止。Bluetoothイヤホンの需要はますます高まっている。

Wi-Fiとの違い、Bluetoothのメリットは?

Wi-Fi

では、BluetoothとWi-Fiは一体どう違うのか?

まずはお馴染みのWi-Fiだが、こちらは複数の機器を同時接続させることに長けている。インターネットにつながるハブのような役割としてつくられているのだ。通信速度も非常に速く、大量のデータ通信が得意。ただし、そのぶん消費電力が大きいため、コンセントから電力供給できるルーターのような据え置き型の機器に採用されている。

一方のBluetoothは、1対1での通信を想定してつくられた技術。通信速度・通信距離ともにWi-Fiと比べて弱いが消費電力が少なく、キーボードやマウスといった長時間使用する機器に導入できるのがメリットだ。これらの機器は一度に通信するデータ量も小さいため、データの遅延は起こりにくい。

Wi-Fi、Bluetooth比較表

Bluetoothの使い方は? ふたつの機器を接続する「ペアリング」

そんな便利なBluetoothだが、使い方も簡単だ。まず、受信側(スマホやPC)のBluetooth設定をオンにする。iPhoneなら、コントロールセンターからワンタップでできる。

Bluetoothオン/オフ設定画面
1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。