体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“阪神ファン”と同じくらい「宇宙ファン」が辞められない――あふれる宇宙愛はここまで努力を可能にする~NASAエンジニア小野雅裕さん~

“阪神ファン”と同じくらい「宇宙ファン」が辞められない――あふれる宇宙愛はここまで努力を可能にする~NASAエンジニア小野雅裕さん~

「このままでいいのだろうか」「自分が本当にやりたいことはこれなのか」――社会人になって数年、そつなく仕事をこなしてはいるけれど、何かが心にひっかかっている……そんな思いはないだろうか?

子どもの頃に抱いた夢を押し曲げることなく、困難と思える道をあえて選び、現在、NASAのジェット推進研究所で活躍するエンジニアの小野雅裕さん。その夢の実現に向けてどう道を選択し、何が小野さんをまい進させているのか――。


プロフィール

小野 雅裕(おの まさひろ)

1982年、大阪生まれ。2005年東京大学工学部航空宇宙工学科を卒業し、同年よりマサチューセッツ工科大学(MIT)航空宇宙工学科修士課程に留学。2011年結婚。2012年に同博士課程及びMIT技術政策プログラム修士課程修了。慶應義塾大学理工学部の助教授を経て、2013年5月よりアメリカ航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所(Jet Propulsion Laboratory、以下JPL)に単身赴任勤務。主に宇宙探査機の自動化技術の研究の傍ら、日本のメディアで執筆や講演活動をしている。2016年よりミーちゃんのパパ。阪神ファン。好物はたくあん。

選んだのは“現実的な夢を持つ”ことでなく、“夢を実現する”こと

▲JPLのビジターセンターに展示されているボイジャーの実物大模型。

http://toyokeizai.net/articles/-/12662 より

「夢は渇望。そして、飲み込んではいけないもの」――そう語る小野さんの夢を形づけたものは、6歳の1989年、テレビで放映された宇宙船・ボイジャーが海王星に着陸する様子だった。

天文好きな父親と、一緒になってその映像を食い入るようにして見たボイジャーを、後に小野さんは、「モルフォ蝶の青い羽のように神秘的で、青の時代のピカソの絵ように孤独だった」(引用*①)と語っている。その美しくも不思議な青い星「海王星」を目にした衝撃と、父親からボイジャーや宇宙の話を聞くうちに、自然と宇宙に対して憧れ、それに夢を抱いたのだ。

*引用①宇宙兄弟 Official webより

《第1回》宇宙人生ーーNASAで働く日本人技術者の挑戦より

https://koyamachuya.com/column/uchu_jinsei/4527/

「将来は、宇宙開発に名を残したい」と思うようになった小野さんが、最初に選んだ道は、東京大学の航空宇宙工学科だった。進学後、20歳の頃には研究室で人工衛星プロジェクトに関わる機会を得たが、就職活動のころには、大半の理系学生のように、大学院まで出て大手企業に就職するという進路選択を考えるようになった。同時に、「夢を実現すること」がいつの間にか「現実的な夢を持つこと」にすりかえられていること(引用*②)に、小野さんは小石を飲み込んでいるような違和感を持っていた。

そんな時、出会ったのが同じ研究室の卒業生で、マサチューセッツ工科大学(MIT)に留学していた先輩。先輩の話すMITでの様子は、まさに自分が憧れていた生き方であり、夢への実現の道だった。話を聞いた後、小野さんは渇望するがごとくMITへ留学することを選び、受験に挑むと見事合格!ただ、条件付きの合格。そこには越えるべきハードルがいくつもあったのだった。

プライドをかなぐり捨てたMIT時代――結果は努力に比例する

第1のハードルは、「研究室に雇用される」ことだった。アメリカの理系大学院生のほとんどは、RA(research assistantship)という制度を使って研究をしている。RAとはスポンサーから研究費を得た先生が、研究のアシスタントをしてもらう大学院生を雇い、研究成果の代償として、学生の学費や給料を支払う仕組み。別な言い方をすれば学生は、まず研究室の雇用口を見つけ、採用されたところの先生が指導教員となり、研究ができる環境が整うということになる。(指導教官が決まらない場合、年間600万もの学費を自ら支払う)

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。