体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藝大レーベル第2弾、4月27日より配信開始

藝大レーベル第2弾、4月27日より配信開始

 ワーナーミュージックと東京藝術大学の公式パートナーシップにより2017年6月にローンチした藝大レーベルの第2弾リリースが決定した。

 第2弾のタイトルは、『藝大レーベルVol.2~未来の名手たち~ -Next Generation-』。ピアノ、オルガン、オーボエの名手の演奏が収録されており、設備が非常に整った藝大内のスタジオと、1,102名を収容するパイプオルガンが付帯された奏楽堂で録音が行われた。現在、iTunes Storeではプレオーダーを受付中。プレオーダー手続きが完了すると、その場で荒木 奏美(オーボエ)の「サン=サーンス: オーボエ・ソナタ ニ長調 Op. 166~第1楽章:アンダンティーノ」がダウンロードされる(この曲の単曲での購入も可能)。

◎リリース情報『藝大レーベルVol.2~未来の名手たち~ -Next Generation-その1』
収録曲:
プロコフィエフ『ピアノ・ソナタ第8番 変ロ長調 Op.84 「戦争ソナタ」』ピアノ:桑原 志織
サン=サーンス『オーボエ・ソナタ ニ長調 Op. 166』オーボエ:荒木 奏美、ピアノ:黒岩 航紀
ヴィドール『オルガン交響曲「ロマネスク」 Op.73』オルガン:清水 奏花

◎ピアノ 桑原 志織 プロフィール
2014年第83回日本音楽コンクール2位・岩谷賞(聴衆賞)。2016年第62回マリア・カナルス国際2位、学内にてアリアドネ・ムジカ賞。2017年第68回ヴィオッティ国際2位。藝高在学中に、東京音楽コンクール2位、PTNA特級銀賞・聴衆賞、ルーマニア国際1位。2018年東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を首席で卒業し、安宅賞、アカンサス音楽賞、同声会賞、大賀典雄賞、平山郁夫文化芸術賞受賞。伊藤恵氏に師事。宗次?二特待奨学生。江副記念財団奨学生。

◎オーボエ 荒木 奏美 プロフィール
茨城県東海村出身。東京藝術大器楽科管打楽専攻を首席卒業後、 同大学院修士課程に在籍しながら東京交響楽団の首席奏者を務めている。第11回国際オーボエコンクール・軽井沢でアジア勢初の第1位。第27回出光音楽賞受賞。東京・春・音楽祭2016でデビュー、B→C、音楽祭への参加等各地でリサイタル、室内楽に取り組む。これまでソリストとして東響、都響などと協演。 H・ホリガーに絶賛されトリオで共演を果たす。坂本真紀、成田恵子、和久井仁、小畑善昭、青山聖樹の各氏に師事。

◎黒岩 航紀 プロフィール
東京藝術大学器楽科ピアノ専攻首席卒業。同大学院修士課程修了。第11回東京音楽コンクール第1位及び聴衆賞。第19回松方ホール音楽賞。第84回日本音楽コンクール第1位。第13回ヘイスティングス国際ピアノコンチェルトコンペティション第4位及びオーケストラプライズ。第6回秋吉台音楽コンクール室内楽部門最高位。第27回青山音楽賞新人賞。芹沢直美、秦はるひ、江口玲、ファルヴァイ・シャーンドル各氏に師事。現在リスト音楽院在籍。

◎オルガン 清水 奏花 プロフィール
東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業、同大学院音楽研究科修士課程を修了。修了時に大学院アカンサス音楽賞を受賞。トゥールーズ地方音楽院に留学し、perfectionnement課程を修了。現在、リューベック音楽大学修士課程に在籍中。オルガンを河野和雄、廣江理枝、ミシェル・ブヴァ-ル、ヤン・ヴィレム・ヤンセン、アルフィート・ガストの各氏に師事。2016年フランスのピエール・ド・マンシクール国際オルガンコンクールにて優勝し、聴衆賞を獲得。

関連記事リンク(外部サイト)

小林愛実のショパンとリスト 天才少女から世界へ羽ばたく大人の音楽家へ(Album Review)
ルノー・カピュソンのバルトーク(Album Review)
ブレンデルのシューマンとブラームス 理知で濾過した感性の横溢(Album Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。