体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

<ライブレポート>MALIYA、1stALリリースライブで見せたテン年代音楽シーンを背負って立つディーヴァの存在感

<ライブレポート>MALIYA、1stALリリースライブで見せたテン年代音楽シーンを背負って立つディーヴァの存在感

 MALIYAの1stアルバム『ego』を携えたワンマンライブ【MALIYA 1st Album “ego” Release Live】が4月10日、東京・渋谷WWWにて開催された。

 テン年代を代表するシンガーとしてシーンに頭角を現し始めているシンガー・ソングライターのMALIYA。この日渋谷WWWという若手シンガーの登竜門とも言える場所に立った彼女は、観客の心に突き刺さるその歌声と多彩な表現力で、今後の音楽シーンになくてはならない存在感を示した。

 暗転した会場に集結したのは、バンマスを務めたWONK・荒田洸(Dr)をはじめ、北島優一(Gt)、 越智俊介(Ba)、井上薫(Key)、安藤康平(Sax)、ムーディーパトリック(Tp)、河野礼央(Tb)、大坂朋子(Cho)、早川咲(Cho)と実力派が勢揃いしたバンドの面々。ブルージーな色気のあるイントロが始まると、真っ黒の衣装に身を包んだMALIYAが登場。どんな色にも染まらない黒=“ego”を象徴したような凛とした佇まいに思わずぞくっとさせられた瞬間、彼女が「Hard Liquor」を歌い始めると、その艶やかな歌声に一瞬で観客が吸いこまれていった。

 続く「Skin」では緩急のついたサウンドワークで演奏をしっかり聴かせ「皆の心の中にいる“自分”へ向けて歌います」と告げた「Talkin’ About You」ではコーラス隊と優しく交じり合うハーモニーに溺れていくかのような感覚を覚えた。MCで「毎年4月にワンマンライブを開催してますが段々規模が大きくなってきています。今日はWWWの皆をがっつり楽しませるので、私についてきてください」と話すと、1stE.Pより「Dancin’ in the rain」を原曲の打ち込みのイメージとは一味違う静謐なバンドサウンドで丁寧に歌い上げた。

 そこから徐々にビート感を出しつつアレンジの加わった「beating」「エコーロケーション」で会場のテンションを上げると、ライブの定番曲「Bass」を披露し、ラストは妖艶なサックスのソロから始まるクルセイダーズのカバー「Street Life」でシングアロングも巻き起こり一気に観客を躍らせて前半を締めくくった。

 中盤にはMatzuda Hiromu (トークボックス)×Harada Kosuke(DJ)がフロアを盛り上げる。自由に体を揺らしていると、やがてDJのビートと呼応するようにステージ上で荒田のドラムがリズムを刻み始め、スティーヴィ―・ワンダーの「Superstition」がスタートしていくという、息もつかせぬ演出で観客を沸かせた。

 クラシックなロングコートに衣装チェンジしたMALIYAが再び登場すると、ヘビーなビートで流れ込んだ「Dance To My Song」から後半戦がスタート。突き抜けるようなホーンの音色やバンドのソロパートが映え、前半とはがらりと雰囲気を変わった熱量の高いステージを見せる。この多彩な表現力こそが観客の目も耳も惹きつけてしまう彼女の魅力だろう。

 クールダウンさせるように「Wisp of Smoke」を披露したところで、公開されたMVも話題を呼んだ「Breakfast In Bed」の曲中にゲストのRyohuが登場すると、観客が待ってましたと言わんばかりの歓声で迎え、さらにはRyohuの楽曲「Call Your Name」で2人の声が重なるかけ合いを聴かせ会場を魅了した。

 終盤には、クラブシンガーの時代から歌い続けているという代表曲「Addicted」を演奏。そこからは、リズムとメロディの繊細なニュアンスを優しく汲み取りながら歌声を紡ぐ「As You Love Your Lover」で本編を終えた。そして、アンコールを受けステージ上に立ったMALIYAが「皆それぞれに手があるなら、人を傷つけるんじゃなくてもっと色んなことに使えばいいのに…と思うんです」と感極まった様子も見せながら話す様子からは彼女の人や音楽に対しての誠実さが伝わってくる。そして「私はマイクを握っていて、自分の手のベストな使い方をしてると思います」と語り「Numb Hands」をじっくりと歌い上げステージを後にした。

 この日のライブは、優しさと重厚感に溢れたバンドと、楽曲ごとの良さを引き出し聴き手の高揚感を誘う彼女の歌声が共鳴し、とんでもなく生命力に満ちていた。フューチャーソウル、ジャズ、ポップスを昇華する幅広い歌声の表現性に、艶々しさとクールさを兼ね備えたムードを纏い、この上ないほどマイクを持つ姿が似合うMALIYA。彼女のライブに一度足を運べば虜になってしまうことは間違いない。

photo:Yuki Aizawa
text:神人未稀

◎ライブ情報
【MALIYA 1st Album “ego” Release Live】
2018年4月10日(火)
東京・渋谷WWW
OPEN 18:30 / START 19:30
出演:
Vo/MALIYA、Gt/北島優一、Dr/荒田洸(WONK)、Ba/越智俊介、Keys/井上薫、Sax/安藤康平(MELRAW),、Tp/ムーディーパトリック、Tb/ 河野礼央、Cho/大坂朋子、Cho/早川咲
ゲスト:
Ryohu(KANDYTOWN)、Harada Kosuke×Matzuda Hiromu

関連記事リンク(外部サイト)

<インタビュー>多彩な表現力でリスナーの耳と心を奪うMALIYA、1stAL『ego』と渋谷WWWワンマンへの想いを語る
MALIYA、2/7リリースの1stAL『ego』よりRyohuとのコラボ曲「Breakfast In Bed」MV公開 渋谷WWWワンマンも決定
唾奇×WONK荒田洸のコラボ曲「七日後」沖縄で撮影され“互いに溶け込みあった”MV公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy