体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

親も食事中のスマホをやめてほしい!子供からの訴えにドコモが解決策を提案

親も食事中のスマホをやめてほしい!子供からの訴えにドコモが解決策を提案

 「ながらスマホ」が問題視されるようになってずいぶんになりますが、これは若い人の問題だけではありません。スマホに熱中している子供を叱る親の方も、振り返ってみると? ドコモが、そんな問題を解決する対策を提案する動画を公開しました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 どんな時もスマホを離さず、食事の時もいじりながらで集中しないため、業を煮やした親から怒鳴られる子供……というのが、ひょっとしたら「ながらスマホ」という言葉から想像される光景かもしれません。しかし、NTTドコモが2018年3月にスマホを持つ小学生(10歳以上)~高校生の子供300人、同じく小学生(10歳以上)~高校生の子供がいるスマホを持つ親300人を対象に実施した「親と子の食事中のスマホマナー調査」の結果を見ると、必ずしもそうでないことが判ります。

■食事中スマホをいじるのは子より親の方が多い

 親子が食卓を囲む食事中に、子供より親の方がスマホをいじっていると答えたのは、小学生35%、中学生42%、高校生56%のほか、親自身も62.3%と自覚しているケースが半数以上となっているのは驚きです。これでは子供に注意しても説得力ないですよね。

 また、子供のスマホルールでは「食事中はスマホ禁止」というものが最も多く、小学生52.6%、中学生48.3%、高校生52.1%。しかし半数以上の親が食事中、子供より多くいじっている訳で、小学生の28%、中学生の17%、高校生の10%が、その状態に理不尽さを感じていると回答しています。

■子は願っている「親にも食事中のスマホをやめてほしい」

 せっかく家族で食事をしているのだから、互いに会話などを楽しみたいもの。子供の側も、食事中スマホをいじっている親に対しての感想を求めると「食事中にスマホを使わないでほしい」というものが、小学生57.1%、中学生44.4%、高校生54%と最も高い回答となりました。

 このような調査結果を参考に、NTTドコモは食事中など「スマホを使わない時間」を作り出すにはどうするかと考え、その回答としてある機器を試作しました。「PHONE GARAGE」と名付けられた機器は、料理にかぶせるドーム型の覆い「クロッシュ」の形をした、スマホの充電・除菌ができるというもの。充電の状況は外部からも確認でき、電波をブロックするものではありませんので、メールや電話の着信やSNSの通知などは問題なく受信することができ、緊急の用事に対応できるようになっています。




 都内のレストランを舞台に、実際の親子に体験してもらった動画を見ると、形のかわいらしさもあって、おおむね好評のようです。これをもとに、実際の製品やサービスとして登場するかもしれませんね。


 一人ひとりに寄り添い、それぞれが自分らしさを発揮できる社会を目指す「ForONEs」というスローガンを掲げているNTTドコモ。スマホのサービスを提供している会社なのに「スマホを使うのをお休みしませんか?」という提案は、一見矛盾しているように見えますが、一人ひとりの時間も大切にすることで、スマホに生活を支配されるのではなく、うまくスマホを使いこなしてください、というメッセージなのかもしれません。

画像提供:NTTドコモ

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

マクドナルド×ユニクロによる日本初「クーポン機能付きTシャツ」使ってみた
福島第一原発バーチャルツアーが公開 事故から7年の「今」を見てみませんか
個別指導のコスプレ衣装洋裁教室 大阪に誕生

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。