体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

正統派で満足できない方へ。なぜ日本人は「裏○○」が好きなのか?

日本には昔からいろんな“裏”のつく言葉がある。

常連客向けの「裏メニュー」「裏オプション」、メインストリートとは異なる「裏路地」「裏通り」、表だって公表していない「裏話」「裏ルール」「裏アカウント」……。いずれも怪しげな意味を多分に含むが、これだけさまざまな表現があるのは、ひとえに“裏”という言葉に人を惹きつける“何か”があるからだろう。いったいそれは何なのだろうか。

自分だけが特別という

“裏”がつく言葉を見て、頭の中にパッと浮かぶのはやはり「特別感」だ。どんなありふれた言葉でも、頭に“裏”の字が付くだけで、いつもと違う特別な感じが漂うのだ。

たとえば、「裏メニュー」「裏オプション」はその典型だろう。本来は、大多数の人に向けた意味があるのだが、その言葉になるだけで「あなただけはちょっと特別よ」という意味合いをまとうから、まるで“自分だけ”が特別と認めてもらったような、ある種の承認欲求を満たす特徴があるのだ。それゆえ、誰もがつい“裏”のつく表現には、夢中になってしまうのだろう。

子ども心に感じられた隠微なニュアンス

SPA! 2016-05-17 発売号
Fujisan.co.jpより

“裏”の持つ言葉は、内容によって、強い欲求をかりたてる。タブーとわかっているのに、それでも知りたい、見たい、やってみたいという衝動をおさえられなくするのだ。たとえば、「裏技」「裏ビデオ」「裏カジノ」にはその特徴が色濃く出ている。これらの言葉はとくに男性なら強い賛同を得られるのではないか。同級生宅に集まって上映会をしたり、危険なギャンブルにはまってしまうのは、たいてい男だろう。

この場合の“裏”にもきっちりと「希少性」が含まれる。何が希少なのかは、ここで詳しく述べる必要もないだろう。また、“裏”のつく言葉が性的嗜好の分野に多いのも、その一つの特徴と言えるはずだ。

多数派に属したくない人は“裏通り”の流れ?

“裏”がつく言葉の特別感は、その地位向上にもしばしば利用されてきた。たとえば、十数年前に「裏原宿」(通称「裏原」)が若者の間で流行った。アパレルショップが並ぶその通りを散策することは、“オシャレな自分”を標榜することであり、友人よりもちょっとセンスがいい自分に浸れる場所でもあった。

そして現在でいえば、その流れは「裏渋谷」「奥渋谷」へと変わりつつある。若者が隠れ家的なオシャレなカフェを見つけて、SNSに写真を投稿するのは、あまり多くの人が知らない特別な場所を、“自分だけ”が知っていることをアピールするのにちょうどいいのかもしれない。

気分の高揚と特別感が“裏”の持つ強み

「自分だけが特別」という気分に浸れるのはなんとも心地よい。お気に入りのお店や人から「常連客だけの“裏メニュー”だよ」「あなたにしか教えない“裏アカウント”だよ」と耳元でささやかれたら嬉しいはずだ。もし、そんな一声をかけられたとして、あなたが気分よくなってしまっても無理はないのだ。

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy