体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

がんを発見できる「紙」を開発

がんを発見できる「紙」を開発

MITとハーバード大学の共同研究機関である「Broad Institute」が高価な機械を使わずに肉眼で感染症の有無をチェックできる「紙」を開発した、と「MIT News」が記載した。

リトマス試験紙を思い出させるような「SHERLOCK」は、世界中に広まれば、たくさんの人を救えるポテンシャルを持っている。

少しの血液を採取して紙につけるだけで、もしも陽性なら細長い棒線があらわれる仕組み。例えば、ジカ熱やデング熱に感染していたらこうなる。がんを発見できる「紙」を開発

「SHERLOCK」はCRISPRを応用した紙で、特定の病原体を発見できるようになったもの。将来の応用方法として、腫瘍を作る遺伝子までも見つけられると予想されている。

成功すれば、PET検査などよりは費用を抑えられるようになるだろう。

開発に携わったハーバード大学のFeng Zhang氏は、このようなコメントを。

「簡単に使えて、ウイルスや腫瘍を見つける精度も高い。そして、なんと言っても安い」

衛生環境が良くない国々では、感染症の検査ができるキットとして採用されるかもしれない。Licensed material used with permission by MIT News

関連記事リンク(外部サイト)

欧米を中心に「医療大麻」が注目されている理由。がん治療にも効果あり!?
がん治療にGoogleの人工知能が活躍!
「ボクにもできることがある」。がんと闘う少女のため2年間髪の毛を伸ばし続けた少年

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。