体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

くるり、竹原ピストル、ペトロールズ他出演【SPRING BREEZE 2018】ライブレポートが到着

くるり、竹原ピストル、ペトロールズ他出演【SPRING BREEZE 2018】ライブレポートが到着

 今回で3回目となるスペースシャワーTVが主催するライブイベント【SPACE SHOWER TV Presents SPRING BREEZE 2018】が、4月15日に日比谷野外大音楽堂にて開催された。

【SPRING BREEZE 2018】写真(全19枚)

 今回ラインナップされた出演者は、くるり、竹原ピストル、CHAI、ペトロールズ、MONO NO AWARE,LUCKY TAPESの6組。それぞれが独創的な音楽表現を追求しているバラエティに富んだバンド/歌うたいの貴重な共演は、イベントの開催発表時から大きな注目を集め、チケットはソールドアウト。開演前から自由なスタイルで音楽を楽しもうとするオーディエンスたちが発するとてもいいムードが会場に流れていた。 また当日の早朝まで嵐が吹き荒れていたが、雨は昼ごろには止み、イベントタイトルを象徴するように快適な春風を浴びれられるなかで、トップバッターを務めたMONO NO AWAREのライブがスタートした。

 浮遊感に満ちたまどろんだサウンドスケープを現出させた1曲目の「me to me」の後半に雲間から陽光が差し込む。そんなドラマティックな状況も味方につけた彼らは、2曲目の「井戸育ち」で熱量の高いプレイをドライブさせていった。新曲「東京」は、ラテンやファンク、あるいはサビの童謡然としたメロディなど様々な要素を併せ持った構造を持ちつつもシンプルな聴き応えを誇っており、バンドの進化を如実に感じさせるものだった。

 2番手に登場したのは、“ニューエキサイトオンナバンド”を標榜するCHAI。「Sound & Stomach」から始まった彼女たちのライブは、ファンクやニューウェイヴを独自のクリティティビティをもって自分たちのものにした音楽性の魅力を、確かな演奏力とキュートなパフォーマンス力で浮き彫りにする見事な内容だった。自己紹介や1stフルアルバム『PINK』の宣伝もエンターテイメント化してみせ、初見のオーディエンスも楽しく巻き込む。CHAIの“NEOかわいい精神”をUSインディに通じるサウンドプロダクションでメロウに表現した「アイム・ミー」と「sayonara complex」を鳴らし終えると、4人は忘れがたい余韻を残してステージを去っていった。

 3番手のLUCKY TAPESは、3管のホーンセクションを含む総勢9人の編成でステージに登場。「intro」を経て鳴らされた「レイディ・ブルース」から、管楽器がいることの強みを存分に活かし、洗練されたポップソングの魅力を会場に浸透させていった。アンサンブルの様相は軽快な気持ちよさを押し出すだけではなく、絶妙な緩急をつけながらときにソリッドなアプローチを見せ、ときにジャジーにスウィングする。特にラスト2曲の「Gravity」や「シェリー」はもはやクラシックな佇まいを放っていた。

 夕暮れ時の4番手に登場したのは、この唯一のソロアーティストにして、唯一の弾き語りのライブアクトである竹原ピストル。彼は「今日は仲間に入れていただいてありがとうございます。竹原ピストルと言います」と口にしてから、テレビCMで多くの人が耳にしたことがあるであろう1曲目「よー、そこの若いの」を歌い始めた。竹原はあくまで会場にいるすべての人と1対1で向き合い、まさに“1曲入魂”といったスタイルで、次々と彼の歌うたいとしての生き様をダイレクトに投影した歌を紡いでいった。全11曲を歌い終えると、オーディエンスから大きな拍手と歓声が湧き上がった。

 5番手のくるりがステージに登場したころにはすっかり陽が落ち、会場は少しの肌寒さを覚えながらもそれを心地よく感じる“夜の野音”ならではの情感に包まれていた。まずは岸田繁、佐藤征史、ファンファンの3人がドラムレスの状態で「ブレーメン」を威風堂々と奏で、そこからギターとキーボード、ドラムのサポートメンバーが加わった編成で「ハイウェイ」へと繋げていった。そのサウンドはオーガニックな感触がある一方で、刺激的なグルーヴが通奏低音のように流れていて、歌はどこまでも力強く躍動していく。度肝を抜かれたのはインストゥルメンタルの新曲「東京オリンピック」で、プログレを彷彿させる複雑な構成によって築き上げられたこの曲は、ロックからブラックミュージック、クラシックまであらゆる音楽のメソッドを昇華してきたくるりだけが形象化できる総合音楽的なすごみを、まざまざと提示していた。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。