体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イスラエルのアップルでも採用!スマートオーブンと料理キットを組み合わせたB2B型フードサービス「Genie」

イスラエルで2014年に創設されたスタートアップ企業「Genie Enterprise」は、スマートオーブンと料理キットとを組み合わせたB2B型フードサービスを、オフィスやホテル、病院などの事業者に向けて展開している。

・バーコードをスキャンするだけでレストラン級の料理がすぐできる

「Genie」と呼ばれるスマートオーブンは、独自の技術とアルゴリズムを活用し、専用料理キット「Genie’s Pod」の調理に特化して開発されたもの。

「Genie’s Pod」に印刷されているバーコードを「Genie」にスキャンさせると、焼く、煮る、蒸すなど、予め設定された順序に従って自動調理し、わずか3分ほどの短時間で、レストラン級の料理に仕上げてくれる。

また、「Genie’s Pod」のメニューは、朝食向けのオートミールからスープ、パスタ、デザートまで、豊富にラインナップ。

いずれも、人工香料や着色料、添加物は一切使用せず、イスラエル北部の食品加工工場で、品質の高い食材から調理されている。

・イスラエルのアップル社オフィスでも導入済

「Genie Enterprise」は、2017年からイスラエルでこのサービスを開始し、すでに、イスラエルの政府機関やアップル社のオフィスなどで導入されている。

さらに、2018年4月には、米ニューヨークの金融アドバイザリー機関「Carl Marks Securities」から1000万ドル(約10億7000万円)の資金を調達。

これらの資金を活用し、今後、米国市場にもこのサービスを展開していく方針だ。(文 松岡由希子)

Genie Enterprise

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。