体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

天職が見つかる「3つの要素」とは?|Forbes JAPAN 谷本有香のメタ認知キャリア論

天職が見つかる「3つの要素」とは?|Forbes JAPAN 谷本有香のメタ認知キャリア論

「メタ認知」という言葉をご存知だろうか。

簡単にいうと「客観的に自分を見ること」を指す。脳科学の専門用語で、最近はマネジメントや人材開発領域でも、「メタ認知」の概念が注目されている。

今回はメタ認知能力を活かし、戦略的にキャリアを築いてきたForbes JAPAN副編集長の谷本有香さんに、自分の強みの見つけ方やメタ認知能力の身につけ方、周りと差別化する方法について語っていただいた。

プロフィール

谷本 有香さん

新卒で山一證券に入社、Bloomberg TVで金融経済アンカーを務めた後、2004年に米国でMBAを取得。その後、日経CNBCキャスター、同社初の女性コメンテーターとして従事し、2011年以降はフリーのジャーナリストに。2016年からForbes JAPAN副編集長。

日経CNBC「夜エクスプレス」のアンカー、テレビ朝日「サンデースクランブル」などTV出演多数。メディアへのコラム寄稿、経済系シンポジウムのモデレーター、企業のアドバイザーなども務める。

これまでに、トニー・ブレア(元英首相)、ハワード・シュルツ(スターバックス会長兼CEO)、スティーブ・ウォズニアック(アップル共同創業者)をはじめ、3,000人を超える世界のVIPにインタビューした実績をもつ。

メタ認知を活かして、今のキャリアにたどり着いた

華々しいキャリアと実績をもつ谷本さんだが、幼いころは「目立たない子」と通知表に書かれ、大学までは進学先も含め「自分の意見を出していいと思ったことがなかった」というから驚きだ。

そんな彼女に転機が訪れたのは、大学時代のアルバイト経験だという。とある飲食チェーン店で、全国の若手社員が出場するサービスコンテストにアルバイトながら参加し、優勝してしまったのだ。谷本さん「それまでは場の空気を読み、相手の表情を読んで、正しい答えを出そうとしていた自分が、初めて自分の意見を言っていいんだ、と思ったんです。ようやくスイッチが入ったみたいな感じだったので、優勝した嬉しさというより、初めて自分というキグルミの中にキチンと入れたみたいな感じでした」

新卒で山一證券に入社し、社内キャスターという花形のポジションに配属されたものの、営業職を志望していた谷本さんは、当初は「全然楽しくなかった」と振り返る。

その後、入社3年目で山一證券が破綻。営業経験のなかった谷本さんは、再就職先がなかなか見つからなかった。しかし破綻によって描いていた人生設計をめちゃくちゃにされた同僚や顧客を見てきた谷本さんは、「経済」への怒り・リベンジの気持ちを強く抱くようになる。

谷本さん「山一證券破綻後、経済へリベンジしたい。そのためには経済をもっと知らなければならない、と経済キャスターの道を探り始めました。そんな矢先、松下電工(現・パナソニック)からキャスターとしてお誘いいただき、『経済の勉強の仕方は、金融だけではない』と大阪まで通う生活を決意したんです。

その後、金融経済の専門局ブルームバーグに転職したのは、やはり山一證券のことがあったから。顧客や投資家保護の観点で自分にしかできないことがあると思ったし、経済キャスターとして正しい報道をすることで、山一證券のような会社を二度と出したくないという正義感がありました」

200倍とも言われる倍率をくぐりぬけ、晴れてブルームバーグのキャスターになった谷本さんだが、「さらなる武器を身につけるため」、MBA留学を決意する。ブルームバーグでの経験は、自身の勉強にはなった。しかし、社員を泣かせるような経営をしている人間に、切り込めていないというモヤモヤ感があったからだ。

MBA留学を決意したときも、その後日経CNBCで自分の意見を主張して周りと衝突したときも、まだ子どもが乳幼児の頃に北京大学へEMBA取得に通ったのも、谷本さんは常にメタ認知能力を発揮し「経済に対するリベンジ」をするために、何が必要かを客観的に考え、キャリアを選択してきた。

自分の「強み」の見つけ方

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。