体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

青山テルマ、藤井フミヤに「マジで神!」 大先輩に感動しつつ熱唱

青山テルマ、藤井フミヤに「マジで神!」 大先輩に感動しつつ熱唱
4月13日、「J-WAVE アカリトライブ 2018」が東京国際フォーラム ホールCで開催されました。

キャンドルに火を灯し、その灯(あかり)でライブを行う。東日本大震災の被災地のために今、何かできることを…と考えた末に生み出された音楽プロジェクト「アカリトライブ」。各地でキャンドルホルダーにメッセージを書き込んでいただき、東日本大震災の被災地の皆さんへ届けています。

今年の「アカリトライブ」は、発起人のGAKU-MCに、藤井フミヤ、青山テルマの3組が出演。バックバンドはリズムソムリエズ、MCはレイチェル・チャンが担当しました。そこで、当日の模様を3回に分けてレポート。今回は青山テルマのライブの模様を中心にお届けします。

GAKU-MCの呼び込みで登場した青山。この日は会場で浮くのを覚悟してきたそうで、ピンクの衣装で現れました。

thelma_MG_9476.jpg
まずは挨拶代わりに『doctor doctor』『そばにいるね』を立て続けに披露。あっという間に観客の心を掴みます。MCでは藤井に初めて会い、感動した話をしました。

「大先輩で、今まであまりお会いしたことがなくて、今日お会いしたらマジで『神』だと思いました。唯一の共通点は名前が漢字とカタカナっていうこと!」と言うと場内は爆笑。さらに、ステージの裏で挨拶をした時の様子を一人で再現して、大いに沸かせたところで、以前に付き合っていた男性にあてた曲という『愛してるよ、さよなら、』へ。「いろいろな恋愛を乗り越えて、無駄な恋愛はひとつもないと思います」とメッセージを送りました。

さらに『stay』の熱唱が終わったところで、「フォーラムCは一体感がいい!」と感激。続く5曲目の『一生仲間』では曲に入る前に、美味しいもの食べたり、一緒に笑ったり、時間を配分できる仲間の存在の大切さを述べました。サビの部分では観客が思い思いに体を揺らし、青山は「最高!」と一言。

「GAKU-MCさんや、フミヤさんがいたからこそ、今日は皆さんと出会えることができました。みんな本当にありがとう!」とお礼を告げて『SMILE AGAIN』を熱唱。お客さんの手振りも揃い、6曲を歌い切り、「めちゃめちゃ楽しかった! 来てよかった!」と、ステージを後にしました。

thelma_MG_9348.jpg
青山はアンコールでも、GAKU-MC、藤井、と共に再登場。GAKU-MCが「皆さんが書いたメッセージが、どこかの家で灯ります!」と告げて、「アカリトライブ」のテーマ曲『希望のアカリ』を3組全員で熱唱。大歓声の中で幕を閉じました。

今回のライブの模様は『J-WAVE SELECTION AKALITOLIVE SPECIAL』と題して、4月22日(日)22時から54分間に渡り、ライブ音源をたっぷり交えてお届けします! どうぞ、お楽しみに!

【関連サイト】
「アカリトライブ」公式サイト:https://www.akalitolive.com/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy