体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

THE BAWDIES・ROY、TAXMANのインパクト大の自己紹介を振り返る! 「落語家みたいな扇子を持って…」

THE BAWDIES・ROY、TAXMANのインパクト大の自己紹介を振り返る! 「落語家みたいな扇子を持って…」
J-WAVEで放送中の番組『SPARK』。今月から、J-WAVEが30周年イヤーに入り、『SPARK』の水曜日は、J-WAVEにゆかりのある人が、月替わりでナビゲーターを務めます。4月はTHE BAWDIESのボーカル・ベースのROYが登場! 4月11日(水)のオンエアでは、自己紹介に関する相談に答えたり、レコード選びのアドバイスをしました。

■とにかくインパクト

まずは、音響系の専門学校に入学するリスナーから届いた「インパクトのある自己紹介の方法を教えて」という相談に回答。メンバーのTAXMAN(ギター・ボーカル)は、高校の時に非常に印象に残る自己紹介をしたそうです。

ROY:落語家みたいな扇子を持って、教室の教壇で「ペンペン!」と扇子を叩きながら「三度の飯より音楽が大好き、舟山卓でーす!」って言ったんです。それは全然おもしろくなかったんだけど、インパクトがすごくてずっと覚えてます。おもしろいかどうかじゃなくて、インパクトが残ることをやった方がいいんじゃないかと。

こうアドバイスしたROYは、具体的な例も挙げました。

ROY:「私が何者なのか、知りたくないですか。迷わず進め、来ればわかるさ。それでは行きましょう、1・2・3!」で握手するとか。相手の懐にグッと潜り込むような印象を残したら、2、3年後に響いてきて何かに繋がります。

■いいレコードと出会うには?

ROYはレコード・コレクターでもあります。そこで「全く知らないアーティストのレコードを選ぶ時、どんな基準で選んでいますか」という質問に答えました。「とにかく試聴するのが一番」というROY。レコード屋に行くと、2、3時間は平気で試聴しているそうです。

ROY:人に薦められることもあると思うけど、たとえ無名であっても、自分がいいと思ったら自分のツボなので、まずは試聴しましょう。僕もたくさんのソウルミュージックを聴くようにしてるし、何でも掘り続けているので、たくさんのアーティストを知っているとは思うけど、それでもレコード屋さんに行くと知らないアーティストいっぱいいます。なので、とにかく試聴するのが一番です」

■ホリさん…?

THE BAWDIESは、今年でデビュー10周年、結成15周年です。そこで、果たしてどのくらい知れ渡っているのか、街行く人に聞いていく企画を行いました。すると「全員が体をぶつけあってるイメージ」「前はインスタをフォローしていて、今はしてないけど『HOT DOG』が1番好きで今でも聴いている」「演奏も歌も抜群にかっこいいいいけど、すごくしゃべるイメージ」など、さまざまな意見が飛び出しました。中にはボーカルの名前をROYではなく、なぜか「ホリさん」だと思っていた人も。

ROYはインスタのフォローを外したという人に引っかかったようで「『HOT DOG』を聴いてるけど、インスタのフォローを外したっていうのは、インスタでよほど嫌なことがあったんでしょうか」と焦っていました。

さらに、THE BAWDIESのROY以外のメンバーが、さらなる知名度アップための方法を考えるはずだったのですが、なぜか話はROYへの不満話に……。「ヨーロッパやアメリカでのMCで英語を話すのはいいけど、アジアツアーで、英語があまり通じない国で英語を話すのはやめてほしい」という不満が出るなか、「楽屋の掃除をするのがすごい」と褒める場面もありました。 

次回(18日)の放送は、THE BAWDIESのベストアルバム『THIS IS THE BEST』の発売日です。この日はメンバーが揃って登場! スタジオライブもあります。どうぞ、お楽しみに。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SPARK』
放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy