体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤井フミヤ、ライブ中に「やっちゃった!」 会場は爆笑の渦に

藤井フミヤ、ライブ中に「やっちゃった!」 会場は爆笑の渦に
4月13日、「J-WAVE アカリトライブ 2018」が東京国際フォーラム ホールCで開催されました。

キャンドルに火を灯し、その灯(あかり)でライブを行う。東日本大震災の被災地のために今、何かできることを……と考えた末に生み出された音楽プロジェクト「アカリトライブ」。各地でキャンドルホルダーにメッセージを書き込んでいただき、東日本大震災の被災地の皆さんへ届けています。

今年の「アカリトライブ」は、発起人のGAKU-MCに、藤井フミヤ、青山テルマの3組が出演。バックバンドはリズムソムリエズ、MCはレイチェル・チャンが担当しました。『J-WAVE NEWS』では、当日の模様を3回に分けてレポート。今回は藤井フミヤのライブの模様を中心にお届けします。

藤井には、GAKU-MCたっての希望でオファー。長文のメールを送ったことも明かし「スーパー・スターをお呼びします」と呼び込み。登場した藤井が思わず「出にくいわ!」と言うと、会場が沸きました。

fumiya_W1A7959.jpg
1曲目は『TRUE LOVE』でスタート。いきなりの名曲に観客が酔いしれたところで『Little sky』へ。隙を見てペットボトルの水をゴクリと飲んだところ、藤井が「すごく間違ったことをやってしまいました」と一言。観客が一斉に「なんだろう」と思ったあと「間違ってテルマちゃんの水を飲んじゃいました」と報告。会場は笑いに包まれました。

3曲目の『嵐の海』ではキレッキレのダンスを披露したほか、赤い照明に包まれながら、曲中にハーモニカを演奏。続く『Time Limit』でも、マイクパフォーマンスや、マイクスタンドを使ったパフォーマンスを披露。これぞまさに「スーパー・スター」と言わんばかりに、歓声が響き渡りました。

fumiya_MG_9644.jpg
当日は花粉に悩まされていたという藤井。「声が枯れ気味ですが、力の限り歌います、次の曲はGAKU-MC君も参加してくれます」と告げると、GAKU-MCがリクエストしたという『なんかいいこと』へ。GAKU-MCは曲中に、オリジナルの歌詞で歌い上げました。

「今日は本当にありがとうござました。参加させて頂いてありがとうございます」と挨拶。さらに、藤井自身も車でJ-WAVEをよく聞いていることを告げて『夜明けのブレス』で締め括りました。

fumiya_MG_9875.jpg
アンコールはレイチェル・チャンの呼び込みで、GAKU-MC、藤井、青山が再び登場。GAKU-MCが「皆さんが書いたメッセージが、どこかの家で灯ります!」と告げて、「アカリトライブ」のテーマ曲『希望のアカリ』を3組全員で熱唱。大歓声の中で幕を閉じました。

今回のライブの模様は『J-WAVE SELECTION AKALITOLIVE SPECIAL』と題して、4月22日(日)22時から54分間に渡り、ライブ音源をたっぷり交えてお届けします! どうぞ、お楽しみに!

【関連サイト】
「アカリトライブ」公式サイトhttps://www.akalitolive.com/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy