体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「アカリトライブ」大盛況! GAKU-MCが語った東北の今「人間の底力を感じます」

「アカリトライブ」大盛況! GAKU-MCが語った東北の今「人間の底力を感じます」
4月13日、「J-WAVE アカリトライブ 2018」が東京国際フォーラム ホールCで開催されました。 今年の「アカリトライブ」は、発起人のGAKU-MCに、藤井フミヤ、青山テルマの3組が出演。バックバンドはリズムソムリエズ、MCはレイチェル・チャンが担当しました。『J-WAVE NEWS』では、当日の模様を3回に分けてレポート。今回は、GAKU-MCのライブの模様を中心にお届けします。

キャンドルに火を灯し、その灯(あかり)でライブを行う。東日本大震災の被災地のために今、何かできることを……と考えた末に、2011年に生み出された音楽プロジェクト「アカリトライブ」。各地でキャンドルホルダーにメッセージを書き込んでいただき、東日本大震災の被災地の皆さんへ届けています。当日も、会場では大勢のお客さんが、キャンドルホルダーにメッセージを書き込んでいました。

gaku_W1A7569.jpg
キャンドルホルダーはステージ上に並べられ、GAKU-MCが温かい光の中で登場すると『Mic Check 1.2.』を披露。早くもお客さんは総立ちで、そのまま2曲目の『昨日のNO, 明日のYes』へ。曲中には盛大なコール&レスポンスが繰り広げられました。

「初めましての人は『初めまして』。いつもありがとうの人は、『いつもありがとう』。GAKU-MCです!」と挨拶。GAKU-MCは年間に60本ものライブを行っているものの、今年のライブはこの日が初めてだそう。「今日のライブがコケたら、皆さんのせいです」と観客の笑いを誘ったところで、GAKU-MCの曲のサビをつなげた曲『もしもラッパーじゃなかったなら』に移り、観客はノリノリに。曲中で『DA.YO.NE』『MAICCA』のコールアンドレスポンスも飛び出しました。

gaku_MG_9260.jpg
興奮冷めやらぬままGAKU-MCが青山テルマを呼び込むと、青山は盛大な拍手に迎えられて登場。青山テルマのライブの模様はこちらに。続いて登場した藤井フミヤの模様は、こちらでレポートしています。

大きな声援と拍手に包まれながら藤井のライブが終わると、GAKU-MCは「すごかったね! 僕も汗でびっちゃびちゃ」と、藤井の熱演に参ったような表情。再びGAKU-MCのパフォーマンスに移りました。

まずは、被災地の復興に関する話から。GAKU-MCは震災発生後から何度も東北を訪れています。「じっくりと、確実に復興していっています。人間の底力を感じます」と語り、二人の娘も連れていったことを報告。「下の子はまだ3才なんですけど、幼いなりにも、感じることはあったのではないでしょうか」とコメント。さらに「これからも、音楽で人の背中を押したいと思います。皆さんの言葉がの東北の人の手に渡っていきます。続けていければ、いつか大きくなっていくと信じています」と語りました。

GAKU-MCの後半の1曲目は、新曲『グッジョブ』からスタート。人前で歌うのはこの日が初めてだそう。働いて疲れているものの、誰にも認められることがない……。そんな自分に「よくやった!」と声をかける曲として作ったそう。観客は総立ちで堪能しました。

gaku_MG_9245.jpg
続く、『オー・オモテサンドウ』 は、名曲『オー・シャンゼリゼ』のいわば表参道バージョン。ここで「新しい曲のMVをみんなで撮ろうぜ」のコーナーと題し、観客が全員参加する試みを実施。曲の間に熱唱中のGAKU-MCや、隣にいる友達などの動画を自由に撮影、ライブ後に送ってもらった動画でミュージックビデオを作るという企画です。お客さんもノリノリで、それぞれが思い思いに動画を撮影しました。

ユニークな企画を堪能したあとは、サビの部分での観客の身振りが見事に揃った『ついてない1日の終わりに』へ。最後は「皆さん、これからよりよい旅が続いてきますように」というメッセージを告げて『LIFE IS A JOURNEY』を歌い上げて、舞台を後にしました。

gaku_W1A8386.jpg
アンコールはレイチェル・チャンの呼び込みで、GAKU-MC、藤井、青山が再び登場。GAKU-MCが「皆さんが書いたメッセージが、どこかの家で灯ります!」と告げて、「アカリトライブ」のテーマ曲『希望のアカリ』を3組全員で熱唱。大歓声の中で幕を閉じました。

gaku_W1A8419.jpg

今回のライブの模様は『J-WAVE SELECTION AKALITOLIVE SPECIAL』と題して、4月22日(日)22時から54分間に渡り、ライブ音源をたっぷり交えてお届けします! どうぞ、お楽しみに!

【関連サイト】
「アカリトライブ」公式サイト:https://www.akalitolive.com/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy