体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

関刃物職人による名刀ペーパーナイフに「新選組モデル」登場

関刃物職人による名刀ペーパーナイフに「新選組モデル」登場

 岐阜県関市の刃物職人が最高の技で作り上げる「名刀ペーパーナイフ」。ニッケン刃物株式会社が2017年に前作の名刀ペーパーナイフ3本セット(土方歳三・坂本竜馬・織田信長モデル)をリリース。そのクオリティの高さが当時絶賛されましたが、第2弾をクラウドファンディングで販売するプロジェクトが2018年4月17日にスタートしました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 熟練の刃物製造職人により1本1本丁寧に刃付けがなされている「名刀ペーパーナイフ」。今回の新選組モデルでは天然理心流の使い手で、新選組局長の近藤勇、鬼の副長と呼ばれた新選組副長の土方歳三、天才剣士として知られる新選組一番隊隊長の沖田総司、それぞれの名刀たちがペーパーナイフとなります。

 全長21cmのこのペーパーナイフは、どのモデルも鞘や鍔、刃紋のデザインに徹底的にこだわった一品。

 近藤勇(虎徹)モデルは、黒石目調の鞘と互の目乱れ(ぐのめみだれ)や湾れ刃紋(のたれはもん)の刃体を精巧に再現しています。

 プロジェクトに再び登場の土方歳三(和泉守兼定)モデルは、歳三が箱館戦争まで使っていたとされる和泉守兼定の刃紋に近づけ、牡丹と鳳凰の鞘と柾目鍛(まさめぎたえ)に互の目乱れ(ぐのめみだれ)の刃紋を再現しています。

  沖田総司(菊一文字)モデルは、菊の形状をした鍔の美しさを再現したペーパーナイフ。黒(光沢)の鞘に直刃調(すぐはちょう)の小乱れ刃紋の刃紋を再現しています。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy