体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「あの日、雨が降っていたよね」そんな旅の思い出も悪くない

「あの日、雨が降っていたよね」そんな旅の思い出も悪くない

楽しみにしていた旅行へ出かけたとき。雨が降るとツイてないって思っちゃいますよね。

でも、考え方ひとつでポジティブにとらえることだってできるかもしれません。

フォトグラファーのAgus Nonot Supriyantoさんは、水たまりに映る世界をモノクロで撮影しています。そこに広がるのは、晴れの日には決して見ることができない景色。

雨の日も悪くないかも。そう思えるフォトシリーズです。

雨の日だって「いい天気」だ

「あの日、雨が降っていたよね」そんな旅の思い出も悪くない「あの日、雨が降っていたよね」そんな旅の思い出も悪くない「あの日、雨が降っていたよね」そんな旅の思い出も悪くない「あの日、雨が降っていたよね」そんな旅の思い出も悪くない「あの日、雨が降っていたよね」そんな旅の思い出も悪くない

水たまりに映し出される人々の姿は、どこか儚げに見えます。

顔を上げれば、いま生きているこの世界がいつもより特別に思えるかも。「あの日、雨が降っていたよね」そんな旅の思い出も悪くない「あの日、雨が降っていたよね」そんな旅の思い出も悪くない「あの日、雨が降っていたよね」そんな旅の思い出も悪くない「あの日、雨が降っていたよね」そんな旅の思い出も悪くない「あの日、雨が降っていたよね」そんな旅の思い出も悪くない

「あの日は雨が降っていたね」

そんな風に始まる旅の思い出ばなしも、きっと素敵なものですよね。Licensed material used with permission by Agus Nonot Supriyanto

関連記事リンク(外部サイト)

「雨の日の憂鬱」が、たまらなく愛しく感じる。
わたしは、これを知って「雨の日が好き」になりました。
カリフォルニアには、極上の「青」がある。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy