体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】松任谷由実『ユーミンからの、恋のうた。』10万枚超売り上げてアルバム・セールス首位 前作ベストも再注目

【ビルボード】松任谷由実『ユーミンからの、恋のうた。』10万枚超売り上げてアルバム・セールス首位 前作ベストも再注目

 松任谷由実のベスト・アルバム『ユーミンからの、恋のうた。』が、初動3日間で67,172枚、週末にかけて約3.5万枚伸ばして初週累計102,645枚となり、週間アルバム・セールス・チャート首位を獲得した。初動3日間時点で2位に約5万枚差をつけて首位を独走していたが、ベスト・アルバムの定石通り、コンスタントなセールス力を維持して、週間時点ではその差を約8.6万枚まで広げている。

 なお、前作ベスト・アルバム『日本の恋と、ユーミンと。』は、7,485枚を売り上げて7位にチャートイン。発売以来累計は927,438枚となった。

 初動3日間時点では13,477枚で3位につけていたGReeeeNの約1年半ぶりオリジナル・アルバム『うれD』だが、その後約8千枚を売り上げて、初週累計売上21,759枚となり順位を2位にアップさせた。逆転されてしまったFTISLANDの日本8枚目オリジナル・アルバム『PLANET BONDS』は、18,118枚で3位に。

 前週284,866枚を売り上げてセールス首位となったBTS (防弾少年団)『FACE YOURSELF』は、リリース2週目となる当週、14,124枚を売り上げて4位に入った。発売以来累計は298,990枚となり、30万枚突破間近となっている。

 トップ5ラストには、こちらもリリースから2週目となるゆず『BIG YELL』がチャートイン。当週は11,440枚を売り上げており、発売以来累計は90,980枚を記録、10万枚の大台を射程圏内に入れた。

◎Billboard JAPAN Top Albums Sales
(2018年4月9日~4月11日までの集計)
1位『ユーミンからの、恋のうた。』松任谷由実 102,645枚
2位『うれD』GReeeeN 21,759枚
3位『PLANET BONDS』FTISLAND 18,118枚
4位『FACE YOURSELF』BTS (防弾少年団) 14,124枚
5位『BIG YELL』ゆず 11,440枚

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】松任谷由実ベスト『ユーミンからの、恋のうた。』が6.7万枚でセールス現在首位 BTS (防弾少年団)『FACE YOURSELF』は累計30万枚目前
松任谷由実、ベスト収録楽曲をイメージしたカクテルが<DRAWING HOUSE OF HIBIYA>に登場
松任谷由実「ただわけもなく」が4/10オンエアの「明治ヨーグルト」CM曲に

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy