体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドレイク、ニューAL『スコーピオン』を2018年6月にリリース

ドレイク、ニューAL『スコーピオン』を2018年6月にリリース

 先日、新曲「ナイス・フォー・ホワット」をリリースしたばかりのドレイクが、待望のニュー・アルバム『スコーピオン』を2018年6月にリリースすることを自身のインスタグラムにて発表した。

ドレイクによる投稿

 ドレイクは、背中にアルバムのタイトルと発売日程が書かれた黒いサテン・ジャケットを着た後ろ姿の写真を投稿し、リリースを明らかにしている。

 2018年1月にリリースした「ゴッズ・プラン」が11週にわたり、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”にて首位をマークしていたドレイクだが、最新チャートでは首位デビューを果たした「ナイス・フォー・ホワット」に続き、「ゴッズ・プラン」は2位につけている。

 ドレイクは、2017年に発表した『モア・ライフ』に次ぐ新作を近々リリースすることを今月初頭にインスタグラム・ストーリーで示唆していた。この時投稿された写真は、疲れきったような表情のドレイクの姿をとらえており、キャプションでは、「アルバム(に費やした)時間が俺の目の下に見えるだろ」と目の下にできたクマを制作時間と比較していた。「ナイス・フォー・ホワット」は、この数日後に、イッサ・レイ、ヤラ・シャヒディ、ラシダ・ジョーンズ、ティファニー・ハディッシュ、オリヴィア・ワイルドなどが出演したミュージック・ビデオとともに、サプライズ・リリースされた。

◎ドレイクによる投稿
https://www.instagram.com/p/BhpENZcnJMK/
 

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク「ゴッズ・プラン」1位で記録更新、ザ・ウィークエンド新曲は4位デビュー
ドレイクとカーディ・Bが新曲でサンプリング!ローリン・ヒル「エックス-ファクター」とはどんな曲?
ドレイク、2年連続で米シングル・チャート10週連続1位獲得

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。