体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク、「ゴッズ・プラン」に代わり新曲「ナイス・フォー・ホワット」が首位に

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク、「ゴッズ・プラン」に代わり新曲「ナイス・フォー・ホワット」が首位に

 ドレイクの新曲「ナイス・フォー・ホワット」がNo.1デビューを果たした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 初登場から11週の1位を死守した「ゴッズ・プラン」に代わって、新たな1位に輝いたのは自身の新曲「ナイス・フォー・ホワット」だった。同アーティストによる首位の入れ替わりは歴代13組目で、1位と2位を独占したアーティストとしては、ビルボード史上19組目。

 2016年には、「ソーリー」と「ラブ・ユアセルフ」が、2017年には、DJキャレドの「アイム・ザ・ワン」と、ルイス・フォンシとダディー・ヤンキーによる「デスパシート」にフィーチャーされたジャスティン・ビーバーが入れ替わりの首位獲得を果たしたが、同じアーティストによる初登場の楽曲が入れ替わり首位を獲得するは、歴代初となる。

 ドレイクは、これで5曲目のNo.1獲得、25曲目のTOP10入りを果たした。TOP10入りした曲数としては歴代10位、男性ソロ・アーティストでは歴代4位の快挙。また、No.1デビューを果たした楽曲としては「ゴッズ・プラン」に続く30曲目で、シングルが連続で初登場したのは、1995年のマライア・キャリー「ファンタジー」、ホイットニー・ヒューストン「ため息つかせて 」とマライア・キャリー&ボーイズIIメン「ワン・スウィート・デイ」以来23年振りとなる。

 今週のHOT100チャートには、この2曲以外にも、フィーチャリング・アーティストとして参加した、ブロックボーイJBの「ルック・アライブ」が5位にランクインしていて、計3曲をTOP5に送り込んでいる。この記録は、前述のジャスティン・ビーバーに続く歴代4組目で、その他には同じヒップホップ・アーティストの50セントが2003年にこの快挙を達成している。

 様々な記録を塗り替えた「ナイス・フォー・ホワット」の初動ストリーミングはおよそ5,000万、ダウンロード数は75,000だった。2位の「ゴッズ・プラン」は4,000万ストリーミング、30,000ダウンロードで、どちらのポイントも大きく上回り、米ビルボード誌では、「ドレイクVSドレイク」という見出しまで付けられた。ドレイクは、「ナイス・フォー・ホワット」が収録される予定のニュー・アルバム『スコーピオン』を2018年6月にリリースすると発表した。ちなみに、この曲にはローリン・ヒルの「エックス・ファクター」(1998年)がサンプリングされていて、同曲はHOT100で21位、R&Bチャートで7位を記録している。

 首位獲得が期待されていた、ビービー・レクサとフロリダ・ジョージア・ラインの「メント・トゥ・ビー」は、「ナイス・フォー・ホワット」の登場により記録達成が難しい状況となった。一方、4位にダウンしたポスト・マローンの「サイコfeat.タイ・ダラー・サイン」は、同曲が収録される2ndアルバム『ビアボングズ&ベントレーズ』が4月27日にリリースされるため、再浮上の可能性も高い。

 今週のアルバム・チャートで初登場1位に輝いた、カーディ・Bのデビュー・アルバム『インベージョン・オブ・プライバシー』から、J.バルヴィンとバッド・バニーをフィーチャーした「アイ・ライク・イット」が8位に初登場した他、今週11位に浮上した「ビー・ケアフル」、21位に初登場した「ドリップ」など、計12曲(ブルーノ・マーズとの「フィネス」を含むと13曲)をランクインさせている。アルバムの視聴回数も好調で、初週のストリーミングによるポイント(売上)は135,000を記録した。セールスも含めた初動ユニットは255,000で、ストリーミングがポイント化されてから(2014年末)の集計では、女性ラッパーとして最高記録となる。

 そのカーディ・Bとライバル視されているニッキー・ミナージュの新曲「バービー・ティングズ」は83位、もう1曲の「チュン・リー」は92位と出遅れている。その他、カルヴィン・ハリスとデュア・リパのコラボ・ソング「ワン・キス」が62位、エイサップ・ロッキーの新曲「エイサップ・フォーエバー」が65位にそれぞれ初登場した。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、4月18日22時以降予定となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「ナイス・フォー・ホワット」ドレイク
2位「ゴッズ・プラン」ドレイク
3位「メント・トゥ・ビーfeat.フロリダ・ジョージア・ライン」ビービー・レクサ
4位「サイコfeat.タイ・ダラー・サイン」ポスト・マローン
5位「ルック・アライブ」ブロックボーイ・JB
6位「ザ・ミドル」ゼッド、マレン・モリス、グレイ
7位「パーフェクト」エド・シーラン
8位「アイ・ライク・イット」カーディ・B、J.バルヴィン、バッド・バニー
9位「フリーキー・フライデーfeat.クリス・ブラウン」リル・ディッキー
10位「フィネスfeat.カーディ・B」ブルーノ・マーズ

関連記事リンク(外部サイト)

4月21日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
4月21日付 Billboard 200 全米アルバムチャート
ドレイク、ニューAL『スコーピオン』を2018年6月にリリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy