体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】NGT48『春はどこから来るのか?』11.6万枚でシングル・セールス首位 B2takes!とB1A4が続く

【ビルボード】NGT48『春はどこから来るのか?』11.6万枚でシングル・セールス首位 B2takes!とB1A4が続く

 NGT48の通算3枚目シングル『春はどこから来るのか?』が、初動3日間で101,737枚、その後約1.5万枚伸ばして初週累計116,495枚となり、週間シングル・セールス・チャート首位を獲得した。1stシングル『青春時計』ぶりの首位獲得となる。

 9人組ボーイズ・グループ、B2takes!の初となる全国流通盤『Shananaここにおいで』は、初週累計57,682枚を売り上げて2位に入った。初動3日間時点では約9千枚差でB2takes!を追いかけていた韓国出身の5人組、B1A4による日本2枚目シングル『会えるまで』は、その枚数差を詰めることができず、初週累計46,772枚で3位に。

 4位には、コブクロの約1年ぶりとなるシングル『ONE TIMES ONE』が、36,076枚を売り上げてエントリー。続いて、ももいろクローバーZの新体制初シングル『笑一笑 ~シャオイーシャオ!』が、16,746枚を売り上げて5位に入った。

 1月31日にリリースされたSTU48のメジャー・デビュー・シングルは、当週2,101枚を売り上げて、発売以来累計は201,084枚を記録。20万枚の大台に乗った。

◎Billboard JAPAN Top Singles Sales
(2018年4月9日~4月11日までの集計)
1位『春はどこから来るのか?』NGT48 116,495枚
2位『Shananaここにおいで』B2takes! 57,682枚
3位『会えるまで』B1A4 46,772枚
4位『ONE TIMES ONE』コブクロ 36,076枚
5位『笑一笑 ~シャオイーシャオ!』ももいろクローバーZ 16,746枚

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】NGT48『春はどこから来るのか?』が101,737枚を売り上げ現在首位 ももクロ新体制初シングルは現在5位
NGT48北原里英「私を救ってくれたのはここ新潟です」 卒業コンサートのレポートが到着
NGT48 代々木公園フリーライブに2,000人! 北原里英の東京ラストパフォーマンスでもあり胸熱なメモリアルステージに

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。