体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

浜辺美波“すごく思い入れのある曲”MONGOL800「小さな恋のうた」を大熱唱

浜辺美波“すごく思い入れのある曲”MONGOL800「小さな恋のうた」を大熱唱

 女優・浜辺美波が、MONGOL800「小さな恋のうた」を大熱唱する『LINE MUSIC』の新TVCM「歌う篇」が、2018年4月17日より全国で放映開始となる。

浜辺美波 CM動画

 サービス開始時から約3年ぶりとなる今回の新TVCM「歌う篇」では、コミュニケーションアプリ『LINE』メッセージと『LINE MUSIC』を通して気になる彼を想う、リアルな女子高校生の青春の1コマを再現。「音楽」で、日常の小さな出来事をより楽しく、前向きになる瞬間を表現している。

 高校からのいつもの帰り道、音楽を聴いていた浜辺の元に、気になっている男の子からLINEメッセージが届く。そのメッセージを読んで一瞬はにかみ、イヤホンを通して聴いていたMONGOL800の楽曲「小さな恋のうた」の鼻唄を思わず歌ってしまう浜辺。楽曲がサビに入ると、気持ちの高まりに合わせて、更に音楽もボリュームアップ。カバンを振りかざす勢いで、高まる彼への想いを歌にのせ、気持ちよく歌う。

 この撮影は、桜の花びらが時折舞う、暖かく春ならではの雰囲気の中で行われた。NGはほとんどなかったものの、歌詞を間違えてしまったテイクでは、はにかみながら「間違えちゃった」と照れ笑いを浮かべていたとのこと。

 なお、5月上旬より、浜辺に加え、俳優・甲斐翔真を起用した新TVCMも予定。胸がキュンとしてしまう高校生の恋愛模様が描かれる。

◎浜辺美波-コメント
歌うことは、どちらかと言うと苦手だったんですけど、今回は大きな声で歌ってみて、想像以上に気持ちが良かったです。CMで歌っている「小さな恋のうた」は、中学生の吹奏楽部時代にずっと吹いていたので、すごく思い入れのある曲で、この楽曲だと知ったときは、運命を感じました。この曲を歌えて良かったです。
同じ高校生だったり、卒業された大学生、社会人の方だったりも、高校時代を思い出して思わず見入ってくれるんじゃないかなと思います。

◎甲斐翔真(次回TVCMにて出演)-コメント
『LINE』と「音楽」は誰にとってもすごく身近なもので
僕の友達でもたくさんの人が『LINE』のプロフィールに「いまのきもち」をのせています。
それがこのCMではリアルに描かれていて、人と人との距離を縮める音楽の魅力がつまった少し甘酸っぱい素敵なCMに仕上がっていると思います。

◎動画
TV CM「歌う篇」
2018年4月17日(火)より全国にて放映
30秒:https://youtu.be/CIY-2UjvVKg
15秒:https://youtu.be/PzV18ncQaR4

関連記事リンク(外部サイト)

Aimerの新曲「花の唄」MVに浜辺美波、映画『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』の世界観を表現
浜辺美波&北村匠海(DISH//)W主演映画『君の膵臓をたべたい』予告編公開
実写版『咲-Saki-』OPテーマ「きみにワルツ」浜辺美波/浅川梨奈/廣田あいか/古畑星夏/山田杏奈の笑顔はじけるMV公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。