体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

乃木坂46アンダー曲「新しい世界」と二期生曲「スカウトマン」2曲のMV公開

乃木坂46アンダー曲「新しい世界」と二期生曲「スカウトマン」2曲のMV公開

 乃木坂46の20thシングル『シンクロニシティ』の初回仕様限定盤タイプBのC/W曲として収録されるアンダー曲「新しい世界」と、タイプCのC/W曲として収録される二期生曲「スカウトマン」のミュージック・ビデオが公開された。

乃木坂46 MV

 鈴木絢音がセンターを務めるアンダー曲「新しい世界」(https://youtu.be/-GAZFREQCL8)は、2月下旬に工藤耀日美術館(群馬県)と国立天文台野辺山(長野県)にて撮影を敢行。新しい世界に向けて憧れを抱く女の子たちが、自分達のメッセージを届けようと発信する事がテーマになったそうだ。国立天文台野辺山で映像に写っているアンテナは、実際に稼働しているアンテナの為、撮影時には携帯電話やWi-Fiなど電波を発する機械の持ち込みは一切禁止とされており、スタッフ含めて連絡を取り合う際には、“走って連絡をしにいく”という原始的な方法で行ったというエピソードも。SMBC日興証券「Discover Good Company」やUNIQLO 「Fleeace」 のTV-CM、井上苑子のミュージック・ビデオの演出などを手掛ける映像作家・横堀光範氏が、乃木坂46の作品では初めて手掛けた所にも注目したい。

 そして二期生曲「スカウトマン」(https://youtu.be/Kt2VRDbi3jQ)は遅刻をしてしまいそうな堀未央奈が「時間よ止まれ!」と思った瞬間、実際に時間が止まってしまったら…というテーマで制作。時間が止まっている表現を撮影するために、楽曲を倍速でかけながら早口で歌う事が必要とされたり、何人も宙づりになったメンバーは、ワイヤー等で止められている状態で動かない事を必要とされたり、「まばたき」ですら我慢する必要性があるなど、メンバー・スタッフ共々、苦労に苦労を重ねた作品となった。ユーモアなセンスで、乃木坂46でも数多くのミュージック・ビデオを手掛ける映像ディレクター中村太洸氏が指揮を執った所にも注目だ。

◎リリース情報
乃木坂46『シンクロ二シティ』
2018/04/25 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

乃木坂46 生駒里奈ラストセンターの一期生曲&三期生曲のMV公開
乃木坂46、新曲「シンクロニシティ」MV公開 振付は「インフルエンサー」も手掛けたSeishiro
乃木坂46生田絵梨花/衛藤美彩/桜井玲香 初ユニット曲「雲になればいい」がフジ『めざましどようび』テーマソングに

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。