体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

空き巣が集合住宅のターゲットを絞る狙い目4つ

空き巣が集合住宅のターゲットを絞る狙い目4つ

無数にある住宅の中からターゲットを見つける空き巣。設備が整ったアパートやマンションでも油断はできません。オートロックが付いていても簡単に侵入でき、入れなかったとしても隣の住宅や電信柱、雨樋を利用してベランダに侵入することも可能。空き巣に狙われる集合住宅のポイントを見ていきましょう。

空き巣が狙うのは2階または最上階

集合住宅で空き巣が狙うのは、低層階ばかりではありません。高層階に住んでいる人も要注意です。上へ行けば行くほど防犯意識が薄まる上に「高層階=金持ち」という空き巣側の認識もあるため、ターゲットにされやすくなってしまいます。

いずれにせよ、集合住宅に住んでいる人は一軒家と同じように「自分の家は自分で守る」という考えの元で、適切な防犯対策が必要になるでしょう。そこで、空き巣が集合住宅でターゲットを絞る4つの狙い目ポイントを確認しておきます。

空き巣の集合住宅の狙い目1つめは「2階または最上階」です。2階は一軒家と同じで、足場があれば簡単に入りやすいため狙われます。しかし、最上階はもっと狙い目。ただし、高級マンションなら結構な金持ちが住んでいて防犯対策がしっかりしていることがほとんど。狙いやすいのは中堅クラスといいます。

空き巣の集合住宅の狙い目2つめは「オートロック付きマンション」です。オートロックは、住人や宅配業者の後に付いていけば簡単に入れてしまいます。

空き巣は防犯ガラスはすぐに諦める

空き巣は「マスク+帽子+サングラス」のようないかにもな恰好はせずに、挨拶するくらい堂々と侵入。防犯カメラがある時は下を向いて、スマホなどをいじっていれば特定できないといいます。

空き巣の集合住宅の狙い目3つめは「洗濯物」です。夕方を過ぎてもずっと洗濯物を干している家は「留守ですよ」といってるのと同じこと。目星を付けていた家がこの状態になっていたら、空き巣は間違いなく狙うでしょう。

空き巣の集合住宅の狙い目4つめは「窓ガラス」です。空き巣というと玄関ドアのピッキングのイメージがありますが、最近は凝ったことをやらない傾向にあります。空き巣が狙うのはクレセント錠1つだけで無防備な窓です。

クレセント錠周辺のガラスを割ったり、バーナーで焼き切って空き巣は侵入。逆に、防犯ガラスを使っている家があったらすぐ諦めるといいます。

関連記事リンク(外部サイト)

防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
監視カメラはアプリをスマホに入れるだけでOK
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは
空き巣対策をわずか数千円で実現する方法とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。