体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【TDR35周年】開園記念日にセレモニー開催!35年前のメモリアルな場所で:東京ディズニーリゾート特集

【TDR35周年】開園記念日にセレモニー開催!35年前のメモリアルな場所で:東京ディズニーリゾート特集

4月15日(日)、東京ディズニーランドにて、東京ディズニーリゾート史上最大の祭典「東京ディズニーリゾート35周年”Happiest Celebration!”」の開幕を祝うオープニングセレモニーが開催されました。当日の朝は春の嵐が直撃する荒天でしたが、そのおかげ(?)か、同セレモニーの開催場所が屋根のある場所へ変更に。実はここ、とても特別な場所だったのです。

ウェルカム・グリーティングの様子.jpgウェルカム・グリーティングの様子

 まずは、セレモニー前にウェルカム・グリーティングを実施しました。パークが開園すると、セレブレーションストリートでは、35周年のテー
マソングが流れるなか、キャスト約240名がゲストをお出迎え。このセレブレーションストリートがある場所が<ワールドバザール>。みなさんがパークに入ると必ずすぐ通る、夢の世界への出発地点。目抜き通りです。

オープニングセレモニーの様子.jpgオープニングセレモニーの様子

 実はここ、35年前に東京ディズニーランドが開園した際、そのセレモニーを開催した場所なのです。みなさんもテレビの資料映像などで観たことがあるかもしれませんが、35年前のオープン日も雨だったので、ワールドバザールが会場でした。特設ステージの位置もほぼ同じです。35年前のステージのほうが倍くらいの高さがありましたが、おそらく今回背後のモニュメントが隠れてしまうことを配慮して低めになっていたのでしょう。

DSC07298.JPGワールドバザール

 実は、このワールドバザール、目抜き通りに屋根があるパークは東京だけで、雨が多い日本ならではの工夫のたまものなのです。そして東京ディズニーランドにとって特別な場所であるだけに、35周年では特別な演出も。35周年のテーマ曲とともにコンフェティーが舞い、祝祭感いっぱいです。

DSC07901.JPG夜のワールドバザール

 そして夜になると、その表情も幻想的に変わります。建物の壁にプロジェクションマッピングで映像が映し出され、あっという間にセレブレーションな空間に様変わりします。ワールドバザールでの祝祭感の大規模な演出は35年間でも初めてのことで、お披露目の日はどよめきが起こったほど!

 ちなみに同日、テレビや一部ネットニュース報道で拡張計画が正式に、などと出ましたが、実際のところ発表済みの情報の範囲を出ない事実のみ、つまり特に新しい情報は1ミリもなかったです。ディズニースカイ報道は完全否定されていましたが、そんなことより35周年をお祝いしましょう!

(一部写真・文/鴇田崇)

※すべての情報は変更の可能性があります。紹介したサービス、エンターテインメントの実施を保証するものではありません。予め了承ください。

■関連記事
第21回 「ベイマックス ザ・シリーズ」:菅野美穂さん&小泉孝太郎さんインタビュー
第20回 映画『ブラックパンサー』:声優・津田健次郎さんインタビュー!
【ひとり海外ディズニー】第2回 エルサの魔法で光り輝く氷の城に!「ミッキーのベリー・メリー・クリスマス・ パーティー」レポ<フロリダ・前編>

BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy