体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「標準語と混ざる」「意外と東京の人がいない」上京組の方言あるある

「標準語と混ざる」「意外と東京の人がいない」上京組の方言あるある 「標準語と混ざる」「意外と東京の人がいない」上京組の方言あるある1

大学進学を機に、上京する人も少なくないもの。なまりや方言など自分の地元と東京との違いに戸惑うこともあるかもしれません。上京組の“方言あるある”を教えてもらいました。

 

関西弁と標準語のどちらでもない

「標準語と混ざる」「意外と東京の人がいない」上京組の方言あるある1 「関西から東京に来たものの、一向に方言が抜けなくて『ずっと関西弁だね』と東京では突っ込まれる。しかし、地元に帰ると『めっちゃ標準語になってるやん』といわれる」

関西弁と標準語が織り交ざった新言語なのかも。

 

意外と東京出身の人がいない

「標準語と混ざる」「意外と東京の人がいない」上京組の方言あるある2 「東京の大学に行くことが決まり、できるだけ標準語に直そうとこっそり練習。しかし、いざ上京すると、自分の周りには純粋な東京出身の人はほとんどいなくて、地方から上京してきた人ばかりだった」

大学によっては、東京出身の人よりも、上京組の方が多いケースはありそう。

 

伝わらなかった方言(1)「からい」

「標準語と混ざる」「意外と東京の人がいない」上京組の方言あるある3 「地元の関西では、塩辛いものを食べたときに『からい』という。サークルの合宿中、旅館で出てきた味噌汁が異常に濃かったので『これ、からいよな?』と友達に言ったら『しょっぱいけど、からくはない』『味覚がおかしい』などとすごく突っ込まれた」

「しょっぱい」と「からい」は全然違う味なだけに、初めて聞いたときは戸惑ってしまいます。

 

伝わらなかった方言(2)「つる」

「標準語と混ざる」「意外と東京の人がいない」上京組の方言あるある4 「『つる』は、名古屋で『運ぶ』という意味。サークルの説明会の準備中、『机、つって』と言うと『机を、釣る……!?』と周りを混乱させた」

こちらも「つる」という言葉が別の意味で存在するだけに、困惑してしまうケースですね。

 

伝わらなかった方言(3)「からう」

「東京に来て、『リュックをからう』というのが伝わらなかった。九州以外の人は『背負う』と言うらしい……」

これは、全く知らなかった方言です。「からう」ってなんだかかわいい音の響きですね。

 

伝わらなかった方言(4)「汽車」

「北海道では、JRの列車のことを『汽車』と呼ぶのが一般的。東京に来て、『電車』と呼ぶことにすごく違和感があるが、周りから見ればSLではないのに『汽車』ということの方が違和感らしい」

汽車というと、レトロな蒸気機関車をイメージしてしまいますが、電車も汽車になるんですね。

 

方言よりもなまりが気になる

「つい方言のことばかり気にしていたが、『それよりも、なまりの方が気になる』と友達に言われた」

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy