体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Interview】暮らしの中の“困った!”をプロが解決! 腕利きの職人との出会いを作るプラットフォーム「 あなたのマイスター」に迫る

家の修理や、自分でやるのは困難な場所の掃除。日々の暮らしの中で、手に負えないことは、山ほどある。こういうときこそ、その道のプロに頼みたい。しかし、どこの誰に頼めばいいのか。わからないまま、放置してしまうという人も、多いのではないだろうか。

そんなとき頼りになるのが、「あなたのマイスター」だ。腕のいい職人とモノを大切にしたい人をつなぐ、今の時代ならではのマッチングサービス。リリース以来、多くの“優秀なプロに依頼したい”というニーズに応えてきた。

今春、新たに43のカテゴリーを追加。サービス内容を拡充し、再スタートを切ったところだ。提供元は、2016年創業のユアマイスター。代表取締役の星野 貴之(ほしの たかゆき)氏が、取材に応じてくれた。

・日本のものづくり文化を社会的・経済的に持続させたい

Q1:まずは、このようなサービスを提供するに至ったきっかけから、お聞かせください。

日本には、たくさんのものづくりや、技術を持ったプロがいます。ユアマイスターを設立したのは、日本が誇る多種多様なものづくりの文化や、匠の技術を持つ人々が、社会的にも経済的にも、その技を持続できるようにするためです。

しかし、そうしたプロの人々は、比較的狭いエリアや、特定の顧客に対してのみ商売をしており、新しいお客さまへのアプローチが、思う存分できていません。

一方、私の周囲には、身の回りで困ったとき、誰に頼めばいいのか、迷っている人が多くいました。(中略)(そんな背景から)プロとユーザー双方にとって、価値があるものを作り出したい、と思いました。そこで、全国のプロによる修理や、ハウスクリーニングなどのサービスを提供するプラットフォーム、「あなたのマイスター」を始めたのです。

Q2:サービス構築にあたって、最も苦労したのはどのようなところでしょうか。

私たちがまずやらなければならないのは、一緒にサービスを提供するパートナーでもあるプロ(サービス事業者)の方々に対し、本サービスの考え方や実現したい世界を理解(賛同)してもらうことです。(中略)また、お客さまにとって、いかに使いやすく、直観的なサービスを作れるか、この部分にもこだわりを持って取り組んでいます。

弊社の経営層には、インターネット通販大手の出身者が多いため、そこで培った経験やノウハウを生かしつつ、お客さまへの想いを込めて丁寧に、プロとユーザーをつなぐ“場所”を作るよう、心掛けています。

・プロをサポートしつつ、顧客のものを大切にする気持ちを応援

Q3:実際にサービスを利用したユーザーからの反響は、いかがなものでしょうか。コメントなどが寄せられていましたら、併せてお聞かせください。

弊社の強みは、多岐にわたるサービスと、経験豊富で信頼できる多くのプロを、紹介できるところです。突然修理が必要になったときや、「信頼できる人にお願いしたい」と思うお客さまへ、最適なサービスを提供している点は、高く評価されています。

利用者からは、「モノや場所、時間に対する意識が変わり、それらをもっと大切にしようという考え方にも、変化が生まれた」「生活が豊かになった、と感じる」といった声も、頂戴しております。例えば、靴磨きを依頼された方からは、「想定以上にピカピカになった靴が届き、利便性だけでなく、活力につながった!」と、大変喜んでもらえました。

Q4:今後の展開について、教えてください。

弊社は、「人々が大事にしているものを、より大切にできる社会へ導く」という理念のもと、2016年8月に創業しました。以来、ものを大切にする素晴らしさが少しずつ、しかし、確実に浸透していると実感しています。今後もより一層、プロの方々を支援し、お客さまに喜んでもらえるサービスを提供できるよう、努力を重ねてまいります。

家の修繕・リフォームにはじまり、家電修理やハウスクリーニング、害虫駆除など、暮らしの中で起るさまざまな問題を引き受けてくれる本サービス。困ったときはまず、アクセスしてみて。(取材・文 乾 雅美)

あなたのマイスター

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。