体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2週間で100万回再生を突破した新木優子主演WEBドラマが第2弾公開 監督は「5つ数えれば君の夢」の山戸結希

2週間で100万回再生を突破した新木優子主演WEBドラマが第2弾公開 監督は「5つ数えれば君の夢」の山戸結希

 2017年秋に公開された、新木優子さん主演のカネボウ化粧品のスキンケアシリーズ「suisai」WEBドラマ「わたしのままで」。公開から2週間で100万回再生と、話題を呼んだ作品の第2弾が4月17日に公開されました。

 主演は引き続き新木優子さん。監督も同じく、山戸結希さん。山戸さんは2014年に「5つ数えれば君の夢」が渋谷シネマライズ上映史上最年少監督作品として公開され、女性の心象風景を描くことに定評のある注目の若手映像作家です。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 「毎日、ていねいに」と題された今回のWEBムービー、新木優子さんが演じるのはウェディングプランナー。後輩の指導に悩みながら、終電を逃して止めてもらった先輩社員の家で、「suisai」で洗顔してすっぴんのリラックスした状態で先輩に悩みを打ち明けると、自分もかつてそうだったと告げられるというお話になっています。

 新木優子さんは仕事の時キリッとした表情と、先輩の家ですっぴんでいる時のリラックスした姿の対照的な姿が印象的。先輩役の女優さんの演技を含め、新木さんが指導している後輩社員と比べ、互いに過ごしている年月の違いを感じさせる、いい雰囲気が出ています。また、脚本も担当している山戸監督のカット割りも、カメラアングルなど新木さんの気持ちに寄り添うような距離感と、画角変化に伴う空気感の表現が秀逸。そして画面を支配するトーンの変化で、新木さんの心の動きをさりげなく伝えています。

 演じた新木優子さんは、このような先輩からの指導や後輩への指導の経験について、学生時代を思い出しながら「私が後輩の時はすごく先輩に指導していただいて、挨拶など本当に基本的な目上の人に対してのマナーはそこで鍛えられて磨かれたなって思うので、すごくありがたいなって思います。私が先輩になってからは逆に教える立場で、自分で意識してなくても自分が自然と教える側に回ってると気づいたときにすごく不思議な気持ちになりました」と語っています。また、この春新社会人など、新たな一歩を踏み出した人に対しては「自分で自分を後押しするためにも、今までの積み重ねの部分をしっかり信じて頑張って欲しい、自信をなくさないで頑張ってほしいなって思います」とエールを送っています。

 今回も話題を呼びそうな濃密なショートムービー。カネボウ化粧品「suisai」ブランドサイトで公開中です。

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

石川さゆり、SUGIZOらの豪華バンドと150人の踊り子が織り成す大迫力な祭!ペプシの新CMが超絶アツい!!
「半分、青い。」美術チーム渾身のセットが凄すぎる 360度ビューでWEB公開
宇宙人、失われたもの、伝説…「真相!世界の都市伝説を暴け」放送 第1話は監視社会の噂に迫る

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。