体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

上司以外には安定期に入ってから妊娠報告するつもりだったのに…。予定外の出来事に溢れた涙 by がじゅまる

f:id:akasuguedi:20180411091931p:plain

思えば妊娠初期、私は必要以上に神経を尖らせていました。

初めての出産に対する不安も大きく、とにかく全てを間違えずに、予定通りこなすよう必死でした。

まるで綱渡りをしているような心境。

周囲への妊娠の報告もそのひとつでした。

インターネットを見てみると、流産した時のことも考えて妊娠の報告は安定期に入ってからした方が良い、という意見が多く見受けられました。

そのようなこともあり、報告は安定期に入ってからするのが私の本意でしたが、仕事内容の相談をしたかったので上司にだけはすぐに報告することに

その際、「他の人には安定期に入ってから自分から報告したい。」という旨も伝えました。 関連記事:妊娠・出産を経て、どういう風に働きたいのか。育休後に職場復帰したい私が上司に報告したタイミング

f:id:akasuguedi:20180411091951p:plainしかしその翌日 f:id:akasuguedi:20180411092030p:plain f:id:akasuguedi:20180411092043p:plainひとつひとつの段階を滞り無くこなすことばかり考えていた私。

予定外の出来事に足下から崩れ落ちる感覚がありました。

その日の夜

f:id:akasuguedi:20180411092106p:plain f:id:akasuguedi:20180411092122p:plain

今思えば、仕事の関係で他の人に妊娠のことを話すのはやむをえなかったのでしょう。

しかし全てを予定通りにこなすことに必死だった私は、思い通りにいかなかったことに軽いパニックになっていました。

ホルモンの影響もあったのかもしれません。

ただただ悲しく、皿を洗いながら号泣しました。

初めての妊娠、出産に対する不安な気持ちを、自分で作ったマニュアル通りにこなすことで和らげようとしていたのでしょう。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。