体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ラッキーをラッキーで終わらせない」専業主婦だった私が社長になって感じること

「ラッキーをラッキーで終わらせない」専業主婦だった私が社長になって感じること CA、専業主婦、料理教室講師、そして起業家、と多種多様の経歴を持つ坂口もとこさん。さまざまな立場・仕事を経験したからこそ見えてきた仕事論、そして起業で実現したい未来をうかがいました。

坂口もとこ

メニュー・フードプランナー

Motti&BentonFoodConsulting株式会社代表取締役

一般社団法人 日本フードビジネスコンサルタント協会 理事

株式会社サンミュージックプロダクション 文化人所属

会社員を経て、製パン、料理の各種スクールにて学び、野菜ソムリエプロ・パンアドバイザー資格取得(日本野菜ソムリエ協会認定)。少人数の料理教室開催、イベントでの講師、講演活動、料理書籍出版。2016年にMotti&BentonFoodConsulting株式会社を設立。現在は、食に関わる商品開発やメニュー開発を中心に、食のブランディングのコンサルタントとして実践プロデュース業務に力を注ぐ。

CAから専業主婦へ。ママ友に背中を押されて始めた料理教室

——CAになった経緯は?

実は、CAになろうとは思っていなかったんです。

短大時代に英語の学校にも通っていて、その学費のためにレストランのアルバイトを始めたのですが、そこで、元・全日本空輸株式会社(以下ANA)のグランドホステスだった店長さんと出会ったのが大きなきっかけです。

アルバイトをはじめてしばらく経ち、就職活動を始めたころに、店長さんから「あなたはサービス業が向いているわよ!」と、CAの試験を受けるよう強く薦められたのです。そのころ銀行や商社などから内定もいただいていましたが、急遽ANAの入社試験を受けたところ合格し、入社しました。入社後は英語力を買われて、国際線に配属されファーストクラスでの接客なども含めて、じつに多くの経験をしました。

——結婚を機に退職したとのことですが、海外を飛び回っていたCAから専業主婦となり、生活は一変しましたよね。後悔はありませんでしたか?

後悔という気持ちは起こらなかったですね。私はいつも直感で行動して生きているもので(笑)。

ただ、学校を卒業してからずっと、一カ月に10日しか日本にいないような生活だったので、専業主婦になって自分が一般のことをあまりにも分かっていない事に気づきました。そこで自宅近くの宅配便の集配所で朝5時に起きて集荷の仕分け業務のアルバイトをしたり、簿記の資格をとろうと税理士事務所でもアルバイトをしました。そして息子を妊娠したことをきっかけに、完全なる専業主婦になりました。

——本当に直感で行動されていますね(笑)。完全なる専業主婦時代はどんな風に過ごしていたのですか?

息子が幼稚園年中になるころまでの4〜5年の期間ですが、専業主婦という自覚はあまりなく、充実した毎日でした。CA時代にさまざまな食文化に触れる機会も多かったので、料理に対する興味が深く、前々から趣味だったパン作りや料理を学ぶことに没頭していました。パンの専門学校や料理教室に通えたのもCA 時代の貯蓄があったからです。

——では、どういった経緯でご自身で料理教室を始められたのでしょうか?

息子の幼稚園のバザーなどで手作りのパンを振る舞うたびに、「教えてほしい」と言われることが多かったのですが、うちのキッチンには教えるための広いスペースも道具も揃っていないため断り続けていました。すると、あるママ友に「コンパクトなキッチンでもこんな料理やパンが作れるのは、最大のアピールポイントだよ」と言われたんです。この言葉に背中を押されて、友人3人に対してパンと料理のレッスンをしたのが始まりです。その友人がクチコミでひろめてくれたおかげで、翌週には一気に4〜5クラスに増えました。
1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。