体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ペインズのKIPも絶賛するUKバンド・Night Flowers、待望のファースト・アルバムが4月18日リリース

ペインズのKIPも絶賛するUKバンド・Night Flowers、待望のファースト・アルバムが4月18日リリース

 UKロック、シューゲイザー、インディーポップと多様な洋楽ファンからアツい支持を得ているロンドンの男女混合5人組バンド・Night Flowersが、ファースト・アルバムをリリースする。

 日本デビュー盤となった2015年の日本限定のミニアルバム『Night Flowers』が、無名の新人のデビュー作ながらも異例のロングラン・ヒットを記録、2016年に行った日本ツアーも各地で大盛況となったNight Flowers。今作は、そんな彼らの待望のファーストフルアルバムとなる。

 過去の作品で見られた、胸を締め付けられる様なセンチメンタルで甘酸っぱいメロディー、The Smithsや80年代ネオアコを彷彿とさせる煌びやかで繊細なアルペジオ・ギター、蒼く衝動的なディストーション・ギター、軽快で疾走感溢れるバンド・アンサンブル、儚くもドリーミーなサウンド・スケープ、そんな彼等の代名詞と言っても過言ではないサウンドは、今作において成熟度と深みを増しており、バンドとしての大きな成長を感じる事が出来る作品に仕上がっている。

 Night Flowersを「お気に入り」と公言する盟友The Pains Of Being Pure At HeartやJapanese Breakfastとのツアーを経て、進化・成長をし続ける彼等の「今」をお聴き逃しなく。

◎リリース情報
1st Album『WILD NOTION』
2018/4/18 RELEASE
RIMO-043 2,000円(tax in.)
<トラックリスト>
1. Sandcastles
2. Night Alive
3. Resolver
4. Let Her In
5. Losing the Light
6. Head On
7. Hey Love
8. Unwound
9. Fireworks
10. Cruel Wind
11. Glow In The Dark ※
12. Amy ※
※日本盤のみのボーナストラック

関連記事リンク(外部サイト)

アーケイド・ファイア、ロンドン公演にボーイ・ジョージとフローレンス・ウェルチが参加
アデル/サム・スミス/チャンス・ザ・ラッパーら、ビヨンセの【コーチェラ】での圧巻パフォーマンスに反応
LAのシューゲイズ・ドリームポップバンド Winterの2ndアルバムに畳野彩加 (Homecomings) からコメントが到着

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy