体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

低価格電動アシスト自転車「STROM CITY」、バッテリー内蔵でデザインがすっきり!

デンマーク拠点の自転車スタートアップSTROM Bikesが、電動アシスト自転車をクラウドファンディングサイトIndiegogoで展開し、そのリーズナブル価格で人気を博したのは2015年のこと。

それから約3年。デザインや機能を改善したバージョン「STROM CITY」で再びIndiegogoに帰って来た。すでに資金調達目標額の7倍を超える人気ぶりだ。

・オフィスで充電も

STROM CITYでは、バッテリーをフレーム内に収納できるようにしたのが最大の特徴だ。なので、見た目がすっきりしている、

また、このバッテリー部分は鍵で簡単に取り外し・取り付けができるので、通勤に使った後はバッテリーを外してオフィスで充電、ということが可能だ。

ちなみに、フル充電には3〜4時間かかり、容量10Ahバッテリーだと80キロメートル、容量13 Ahでは100キロメートルの走行が可能だ。

・スマホ充電もできる

また、ライトシステムを搭載しているのも特徴。取り付け式だと盗まれたり、落としたりするリスクがある上、充電する手間もある。しかしSTROM CITYではフロントとリアのライトが自転車に組み込まれていて、取り付けたり充電したりする必要がない。

そのほか、ハンドル部分にある小型LEDディスプレイにアシストレベル(6段階)やバッテリー残量を表示する。USBポートもあり、スマホを充電できるのも便利そうだ。

気になる価格だが、現在Indiegogoでは最大スピード時速32キロ、モーター350ワットのUSモデルが999ドル(約11万円)、最大スピード時速25キロ、モーター250ワットのEUモデルが899ドル(約9万6000円)となっている。

世界中どこにでも発送してくれ、今年7月の出荷を予定。出資はあと1カ月ほど受け付けるので、気になる人は早めにチェック!

STROM CITY/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。