体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

niconico、VRライブコミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」を開始、都内に専用スタジオをオープン

ドワンゴは 4 月 16 日、バーチャルリアリティ事業の第一弾として VR ライブコミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」を開始し、本日 16 日より東京都内に専用スタジオをオープンしたことを発表しました。
バーチャルキャストというのは、ニコニコ生放送、YouTube Live、ツイキャス、Twitch、OPENREC.tv のプラットフォームに VR 空間の「スタジオ」を作成し、そのスタジオ内で他のユーザーとコミュニケーションできるサービスです。
バーチャルキャストにおいてユーザーは予め用意されたアバターやドワンゴが開発した「VRM」形式の自作アバターのキャラクターに扮してスタジオに入ります。
ネットでのコミュニケーションというと、従来は 2D の映像やチャット画面を見ることに留まっていましたが、そうした場を VR 空間に変え、その中をアバターのキャラクターとして参加できるということです。
VR のコミュニケーションサービスは既にいくつか存在していますが、ライブ配信サービスであることや、配信プラットフォームが選べるのは新しい試みだと言えます。
バーチャルキャストは Windows PC と VR ヘッドセット「HTC VIVE」を使って利用します。
ソフトは niconico サイト上で無料配信中です。
バーチャルキャストは 4 月 13 日に開始しており、本日 4 月 16 日より東京・品川にモーション収録と生放送が可能な大型モーションキャプチャースタジオがオープンしたほか、池袋・ニコニコ本社「ニコぶくろスタジオ」には、有機 EL モニタを採用したバーチャルキャラクター出演対応のスタジオもオープンしています。
Source : niconico

■関連記事
今使っているXperiaの最新ファームウェアやOSバージョンを確認する方法
ソフトバンクのXperia XZsに41.3.D.1.45へのアップデートが配信開始
DJI TelloをAndroidスマホとGamesir T1ゲームコントローラーで飛ばす!

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。