体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

え、見てもいいの?ロンドンっ子の「大切な部分」

え、見てもいいの?ロンドンっ子の「大切な部分」

国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、海外に暮らす人たちの食事情はどんなもの?

それを「冷蔵庫」という、もっともプライベートな空間から見てみようというコンセプトを、じつに8年にわたって続けている人物がいます。

デザイナーSandra Junkerさんがその人。人々のコミュニケーションをキッチンから考察したこの企画。ロンドンに暮らす人々の食スタイルや宗教まで垣間見えてきませんか?

01.

え、見てもいいの?ロンドンっ子の「大切な部分」え、見てもいいの?ロンドンっ子の「大切な部分」

02.

え、見てもいいの?ロンドンっ子の「大切な部分」え、見てもいいの?ロンドンっ子の「大切な部分」

03.

え、見てもいいの?ロンドンっ子の「大切な部分」え、見てもいいの?ロンドンっ子の「大切な部分」

04.

え、見てもいいの?ロンドンっ子の「大切な部分」え、見てもいいの?ロンドンっ子の「大切な部分」

05.

え、見てもいいの?ロンドンっ子の「大切な部分」え、見てもいいの?ロンドンっ子の「大切な部分」Licensed material used with permission by Sandra Junker, (Instagram)

関連記事リンク(外部サイト)

「冷蔵庫」から見えてくる、パリジャンたちの食生活。
レインボー・ネイション(七色の国民)は、冷蔵庫のなかも色とりどり。
「イギリスと言えば…」な建物。何かわかる?

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy