体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LUNA SEA主催【ルナフェス】GLAY/back number/大黒摩季の出演決定

LUNA SEA主催【ルナフェス】GLAY/back number/大黒摩季の出演決定

 LUNA SEAの主催で、2018年6月23日、24日に幕張メッセで開催される最狂のロックフェス第二弾【LUNATIC FEST. 2018】。この第五弾発表アーティストとして、GLAY、back number、大黒摩季の出演がアナウンスされた。

 90年代の音楽シーンを共に歩んできた同志として大切な存在であるGLAYは、前回開催から連続での登場。GLAYとLUNA SEAは、1999年12月23日に【The Millennium Eve】と題して行われた、今や伝説として語り継がれる東京ドームでの対バンライブで初共演。その後もメンバー同士の深い交流もあり、今開催も【ルナフェス】に欠かすことが出来ないバンドの一つとしてラインナップされた。今回はギターのHISASHI率いるACE OF SPADESも同日に出演が決まっている。

 back numberは一見何の接点もなく思えるが、ベーシストの小島和也はLUNA SEAのJに影響を受けてベースを始めたことを明言している。そんなback numberに対してLUNA SEAがオファー。ドームツアーをも控える中で、これまで自らが経験したライブとは明らかに違う空間であろうことを想像しながらも、back numberは堂々とそのオファーを受け止めた。

 そして、90年代音楽シーンに欠かすことは出来ない歌姫の大黒摩季。LUNA SEA終幕後、大黒摩季のドラマーとして今なおリズムを刻み続けているのは真矢であり、純粋にミュージシャンとして尊敬し合う同世代の仲間でもある。直近ではLUNA SEAの最新アルバム『LUV』にコーラスとして3曲参加するなど、まさに絶好なタイミングでのオファーとなった。

 これで23日(DAY 1)のラインナップ全11組が出揃った。残るは24日(DAY 2)の最終ラインナップのみとなるが、その発表は近日中に公開。特設サイトでは、現在チケットHP2次先行を受付中。

◎イベント情報
【LUNATIC FEST. 2018】
2018年6月23日(土)、24日(日)
会場:千葉・幕張メッセ
OPEN 9:30 / START 11:00 / END 20:00(予定)※両日共通
<6月23日(土)>
ACE OF SPADES、GLIM SPANKY、GLAY、coldrain、シド、女王蜂、DIR EN GREY、back number、The BONEZ
LUNA SEA、LUNACY(Opening Act)
<6月24日(日)>
AA=、大黒摩季、OLDCODEX、THE ORAL CIGARETTES、BRAHMAN、MUCC、lynch.
LUNA SEA、LUNACY(Opening Act)  and more…
(50音順)
<チケット>
1日券:15,000円+ドリンク代500円
▼各プレイガイドチケット一般発売
6/02(土) 10:00~
▼チケットHP2次先行
4/27(金)18:00まで
特設サイト:http://lunaticfest.com

関連記事リンク(外部サイト)

LUNA SEA主宰フェス第一弾アーティスト発表 シド、オーラルら出演
LUNA SEA SUGIZO&INORAN FM COCOLO公開収録のゲスト出演が決定
プー・ルイ“新生YouTuber研究会-BYS-”GLAYのHISASHIオープニングテーマ手掛ける

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。