体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゼイン、新曲「レット・ミー」やツアーへの意気込みを語る

ゼイン、新曲「レット・ミー」やツアーへの意気込みを語る

 2018年4月12日に新曲「レット・ミー」をリリースしたゼイン・マリクが、翌日に米人気ラジオ番組『オン・エア・ウィズ・ライアン・シークレスト』に出演し、早くもファンを骨抜きにしているラブソングが生まれた経緯を明かした。

ゼイン インタビュー音源

 彼自身が“lover boy” (色男)ソングと呼び、「僕を君の男にしてくれるなら / 君を引き受けるよ / 僕が生きている限り、君が生きている限り」という甘い歌詞が登場するこの曲は7~8か月前に書いたそうだ。つまり元恋人のジジ・ハディッドとまだ交際していた頃に書かれたということで、彼もそれを否定していない。二人は今年3月に破局した。

 「レット・ミー」が書かれた経緯について彼は、「僕は恋をしていた。それは結構明白だったと思う。誰もがそう思うように、自分と相手が生きている限りずっと愛していたいと望んでいた。(でも)状況は変わるし、前向きに生きるしかない。時は移るけれど、あの曲を書いた頃はそんなことを考えていた」と語っている。

 そして曲作りについて、「自分の経験を何かに入れ込むことができる。永遠に記憶されるべきなんだ」と話している。

 彼はまた、現在は2ndアルバムを制作中で、ツアーに向けたリハーサルも始まっていると明かし、「すごくワクワクしてる。やっとみんなの前で、ステージでパフォーマンスできることも楽しみだ。とにかくクールになると思うよ」と自信を覗かせている。

◎インタビュー音源
https://www.iheart.com/podcast/On-Air-with-Ryan-Seacrest-23996864/episode/zayn-confirms-second-studio-album-talks-29184479/

関連記事リンク(外部サイト)

ゼイン・マリクとジジ・ハディッドが破局
ゼイン、ネットに流出したリミックスを無料で公開「バカみたいなリークより自分のファンの方が大切」
ゼイン&シーアの切ないボーカルが映える、濃厚なラブ・ソング「ダスク・ティル・ドーンfeat.シーア」(Song Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。