体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

温麺にアイスクリームにコッペパン……盛岡のご当地グルメを求めて食べ歩きドライブ

温麺にアイスクリームにコッペパン……盛岡のご当地グルメを求めて食べ歩きドライブ ▲御所湖のほとりからの眺め。右奥に見えるのは岩手山

▲御所湖のほとりからの眺め。右奥に見えるのは岩手山

寒さの残る盛岡で、食べ歩き

だんだんと暖かくなってきた4月初旬、取材のため、岩手県盛岡市へ。東京では桜が散り始めたくらいの頃だったが、盛岡はまだ寒く、ところどころに雪も残っていた。

午前中に取材を終わらせ、せっかくなので盛岡名物を食べようと地元の焼肉店へ向かった。お目当ては、盛岡名物、冷麺!

……だが、メニューを開き、冷麺を注文しようとしたところで手が止まった。メニューに「温麺」というものがあるのだ。

初めて耳にするメニューに心惹かれ、かつ外が寒かったこともあり、温麺を注文した。

▲運ばれてきた温麺! スープは赤いが、それほど辛くはない

▲運ばれてきた温麺! スープは赤いが、それほど辛くはない

食べてみると、その名のとおり、冷麺の温かいバージョンという感じ。個人的にはとても好きな味だった。店によって違うと思うが、私が食べた温麺は冷麺よりも具が多く、食べごたえがあった。

温麺を食べ終えた後、まだ時間があったので少しドライブを楽しむことに。盛岡在住の友人が教えてくれたオススメのアイスクリーム店を思い出したので、そこに向かうことにした。

▲中心部から少し離れると田んぼや畑が広がる。奥に見えるスキー場にはまだ雪が残っていた

▲中心部から少し離れると田んぼや畑が広がる。奥に見えるスキー場にはまだ雪が残っていた

30~40分ほど車を走らせ、目的地のアイスクリーム店へ。中心部から離れているにも関わらず、駐車場は車でいっぱい。人気店であることをうかがわせる。

▲ついに到着!

▲ついに到着!

外は寒かったが、せっかく来たのだからとダブルを注文。ミルクアイスとラムレーズンアイスを選び、いざ実食!

▲どちらも色が似ていて分かりにくいが、ミルクとラムレーズンを注文した

▲どちらも色が似ていて分かりにくいが、ミルクとラムレーズンを注文した

これがめちゃくちゃおいしい! 柔らかめのアイスで、個人的には大ヒットだった。

店の外には可愛らしいベンチなどもたくさん置いてあり、初夏に外で食べるのもおいしいだろうなぁと思いながら、ペロリ。

食べてばかりの散歩になってしまいそうなので、帰りに盛岡市西部に位置する御所湖に寄り道。夕日と奥に見える岩手山のコントラストが素敵だった。

▲夕日に照らされる御所湖。右手には岩手山が見えた

▲夕日に照らされる御所湖。右手には岩手山が見えた

盛岡駅に戻り、あとは帰るだけ、というところで最後の寄り道。これまた友人から聞いた盛岡のソウルフード、「福田パン」のコッペパンを求め、駅構内にある売店に立ち寄った。

そこにはずらりと並んだ様々な味のコッペパンが! そしてそのコッペパンが飛ぶように売れていく。

▲あんバター以外にもチョコクリームやいちごホイップ、ピーナッツバターなどたくさんの種類があった

▲あんバター以外にもチョコクリームやいちごッホイップ、ピーナッツバターなどたくさんの種類があった

定番商品のあんバターと、季節限定商品らしいかぼちゃ味を購入。これにて食べ歩き(走り?)の散歩は終了。

新幹線に乗り、盛岡を後にした。

▲購入したコッペパンは車内でおいしくいただきました

▲購入したコッペパンは車内でおいしくいただきました

<今回散歩した車>

▲日産 キューブ(現行型)

▲日産 キューブ(現行型)

<今回散歩したルート>

【関連リンク】

この車を探してみるtext&photo/編集部 溝上夕貴

関連記事リンク(外部サイト)

この車を探してみる

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。