体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「志」があれば誰もができる“必殺技”って何?――秋元祥治『20代に伝えたい50のこと』

「志」があれば誰もができる“必殺技”って何?――秋元祥治『20代に伝えたい50のこと』

大学在学中、21歳で地域活性化に取り組みたいとG-netを創業された秋元祥治さん。経済産業省「地域産業を創り出す33人の演出家たち」のうちの一人として紹介されるなど、活躍されています。そんな秋元さんの著書『20代に伝えたい50のこと』が話題となっています。

『20代に伝えたい50のこと』は現在38歳となる秋元さんご自身が、20代のころに伝えたかった内容をまとめたもの。この本をベースに、“これからの生き方を模索する20代”に向けて「指針」となるような言葉を紹介したいと思います。

第2回目となる今回は、「“志”があればだれでもできる必殺技」についてです。

プロフィール

秋元 祥治(あきもと しょうじ)

岡崎ビジネスサポートセンター・OKa-Biz センター長

NPO法人G-net理事(創業者)

1979年生まれ。大学在学中G-netを創業。中小企業支援と若者をつなぐ長期実践型インターンシップ事業を立ち上げ、高校教科書「政治経済」に掲載されるなど高く評価される。一方中小企業支援をf-Biz・小出宗昭氏に師事。2013年よりOKa-Bizセンター長に就任。4年間で8000件を超える相談を受け、売上アップをサポート。3~4週間の相談待ちがでる人気の相談所となっている。経済産業省「キャリ教育アワード」優秀賞、「ものづくり日本大賞」優秀賞などを受賞。早稲田大学社会連携研究所招聘研究員・内閣府地域活性化伝道師。

経済産業省「地域産業を創り出す33人の演出家たち」のうちの一人として、また雑誌「AERA」や書籍『社会起業家になる方法』では、日本の主な若手社会起業家の一人として紹介されている。

ビジネスで結果を残す人が共通して持つ仕事術

この人はすごいな、と思わされるビジネスパーソンの多くは、周りの協力を引き出したり、頼ることがとても上手だなと感じます。仕事をしていく上で、上司や同僚の協力を得ることはとても重要なことです。さらに取引先や仕入れ先、あるいは株主など、関係する人たちの協力をいかに得るかもまた重要になります。時に足を引っ張られて苦労した経験もあるでしょう。

仕事を進めていく上で一人の力は、とても限られたものです。それどころか、成果を出す人々の共通した最大の能力は、周りの協力をいかに引き出し、活かしていけるか、と言ってもよいかもしれません。

ビジネスの現場でのこうした実際をみるにつけて思い出すのは、アニメ「ドラゴンボール」シリーズの「元気玉」。元気玉は、主人公・孫悟空が強力な敵に対抗をし、地球を守るために繰り出す必殺技です。数ある必殺技の中でも、こと最強の必殺技と言ってよいと思います。そして、この元気玉が、ビジネスで結果を残していく人々が共通して持つ仕事術ととてもよく似ている、と思うのです。元気玉の特徴はこうです。 ・人・動物・草木などから少しずつエネルギーを集める

・分けてもらうエネルギーの量に応じ、威力も上昇する最強の技

・出来上がるのにもずいぶんと時間がかかる

・清らかな心でないと、使えない

「私利私欲のため」では、人は力を貸してくれない

一人でできることには限りがあります。だからこそ、様々な人々から少しずつ力を借り、周りの協力をうまく活かしていけることはビジネスにおいてとても重要なことです。

自身のいたらなさを受け入れ、そして純粋に成し遂げたいという想いや熱意があってこそ、周囲の協力を引き出すことができるのでしょう。そして、力を貸してほしいということを率直に伝え、応援を直接伝えていくこともまた大事なポイントです。しかし単に自身の私利私欲のためであれば皆が力を貸してくれるでしょうか。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。